グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部・大学院 >  大学院 >  カリキュラム(博士前期課程)

カリキュラム(博士前期課程)


大学院看護学研究科 カリキュラム(博士前期課程)
大学院看護学研究科:博士前期課程の各教育分野の内容と担当者について。

大学院看護学研究科 博士前期課程 教育目標

臨地における問題や課題に積極的に取り組む研究・実践能力を養います。

各教育研究分野の内容と特徴及び担当者

看護学領域

性生殖看護学 (脇本寛子 教授、渡邊実香 准教授、中垣明美 准教授)
リプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点から、思春期・成熟期・更年期・老年期という各ライフステージにある女性とその家族への健康教育支援、看護援助方法の探究に取り組みます。マタニティ・ステージにある母性の発達、ならびに母子とその家族のwell-beingの実現に向け、次代につなぐ看護援助方法を探究します。助産師の有資格者の場合は、助産学領域の助産学共通科目の一部の特論科目を受講することができます。また、性生殖看護学・助産学分野として、助産学分野の学生と研究に関わるディスカッションの機会を予定しています。
成育保健看護学 (堀田法子 教授)
子どもが育つ過程に生じる健康課題や健康問題、病気や障害をもつ子どもやその家族の健康問題や危機的状況などに焦点をあて、その問題について検討します。胎児期から思春期までの小児各期の発達特性や健康生活の特徴をふまえ、健康問題が起こっている現象の理解を深め、問題解決に向けての看護学的接近法を探求します。研究の基本的プロセスとして、健康問題を特定するためにリサーチクエスチョン(研究疑問)の立て方、それを解くために必要な文献検討を行い、研究計画を立て、倫理審査を受審し、データ収集・分析方法、成果報告の仕方を学びます。
クリティカルケア看護学 (明石惠子 教授、益田美津美 准教授)
急性臓器障害や侵襲的治療によって生命の危機状態に陥った人々の特徴や体験、患者や家族の看護問題や倫理的問題を検討します。そして、患者の生命維持、生理的機能回復、苦痛緩和、日常性回復、セルフケア能力回復、Quality of Life(QOL)向上を目的とした看護援助、家族への支援方法を探求します。また、修士論文の作成においては、自らの研究疑問をもとに研究テーマを絞り込み、研究計画書作成、データ収集と分析、考察などの研究プロセスを修得します。学生には、主体的な研究活動とともに、大学院ゼミを活用した積極的な議論を期待しています。
慢性看護学 (安東由佳子 教授、小田嶋裕輝 准教授)
慢性疾患を有する人々やその家族を対象として、看護ケアの質向上に貢献することを目標に、科学的根拠(Evidence)に基づいた看護ケアを探求します。具体的には、生活習慣病の発症や重症化予防、セルフマネジメント、患者や家族のQuality of Life(QOL)や健康問題、意思決定等をテーマとして、成果を臨床現場に還元できることを目指して、研究に取り組んでいます。また、臨床で働く看護師や看護学生のメンタルヘルスの研究も行っています。修士論文作成のプロセスを通して、Evidenceに基づいて、物事を論理的に捉える能力を高めながら、研究能力を育成していきます。
高齢者看護学 (山田紀代美 教授、原沢優子 准教授)
加齢に伴う諸機能の変化や低下、疾病による健康障害やそれに伴う心理・精神的課題、あるいは生活や家族への影響などをアセスメントする方法、ならびに予防や改善、あるいは受容に向けた看護援助方法等を研究します。高齢者の生活の場面は、地域や施設、病院など多様です。その高齢期のOuality of Life(QOL)の向上、あるいはEnd of Life(EOL)ケアについても探求していきます。研究方法については、基本的な研究プロセスである文献検討、研究課題を解明する研究方法、論文作成まで修得します。
看護マネジメント学 (樅野香苗 准教授)
ケアマネジメントの視点から、苦痛を経験している対象への症状緩和や意思決定支援、End of Life(EOL)ケア提供システムの構築、コミュニケーションスキル等への看護介入、ケア提供者である看護師のストレスマネジメント等に関わる研究を探求します。研究論文を批判的に読むこと、研究計画を立案し、実際に研究を行い、論文を執筆する一連のプロセスを通して、科学的な問題解決の視点を育成します。
感染予防看護学 (矢野久子 教授)
医療関連感染などの感染予防ケアに関する研究を行っています。感染予防は、小児から高齢者まで、あるいは病院での急性期から慢性期、施設や在宅での長期療養まで幅広く求められる領域です。個人及び集団に対して多角的な視点で探求します。感染管理認定看護師等の臨床看護師や教員の方は、在職のままで学修継続ができる長期履修制度を活用することが多いです。長期履修生は、一年次に先行研究の文献検討と研究テーマの明確化、研究手法の習得、二年次に倫理審査の受審とデータ収集、三年次にデータ収集・解析と修士論文の作成を行います。
精神保健看護学 (香月富士日 教授)
精神疾患をもつ方やそのご家族に対して、より良い専門的ケアの提供やケア提供システムを構築できることを目的に、各関連要因の関係性の分析を研究的視点を用いながら探求します。また、看護職を対象としたメンタルヘルスや感情の問題を取り上げ、看護職者が健康的に働き続けるためのサポートを探求します。
地域保健看護学 (門間晶子 教授、尾﨑伊都子 准教授)
地域で様々な事情を抱えながら暮らす人々の生活や健康の状態、看護職者の活動、およびそれらにどのような要素が関連し影響しているのかについて探求します。大学院生の関心・疑問が研究で取り扱う問い(研究疑問)へと洗練され、明確な目的に基づく研究計画立案、調査実施、データ分析、論文作成という一連のプロセスを歩みます。研究を進める上では、地域住民のとらえ方や視点を尊重した研究方法を検討します。当事者、家族、支援者など、様々な人々の相互作用や保健師等看護職者の支援のあり方の検討にもつながる研究ができると考えます。
国際保健看護学 (樋口倫代 教授、金子典代 准教授)
疫学を中心に、健康科学、社会科学など学際的なアプローチを用いて、国際的視点をもって取り組むべき健康課題の現状把握、対策について探求します。博士前期課程では、基本的研究手法の修得と先行研究検討を通して問題意識を「取り組み可能な問い」に作り上げて行くこと、そして、その問いにふさわしい研究計画を立て、データ収集、分析、論文を作成する一連のプロセスを学ぶことに重点をおきます。マイノリティや脆弱な集団の健康や、健康における公正を目指そうとする研究課題であれば、研究対象地は国内・外を問いません。
<看護学領域:専門看護師教育コース>
専門看護師は、ある特定の看護分野において「卓越した看護実践能力」を有することを認定される看護職者です。それぞれの専門看護分野において、質の高い看護ケアを提供するために、次のような活動をしています。
  1. 健康問題を持つ方やご家族などに、直接、専門的で質の高い看護ケアを提供すること(実践)。
  2. 看護スタッフや他の医療職者など、ケアに関わる人への教育的な役割を果たすこと(教育)。
  3. ご家族や看護スタッフなど、ケアに関わる人の相談にのること(相談)。
  4. 必要なケアがスムーズに提供されるように、ケアに関わる人々の間の調整を図ること(調整)。
  5. 専門知識・技術の向上や開発のために研究活動を行うこと(研究)。
  6. ケアにかかわる倫理的な問題について、関係者間での話し合いが持てるように調整すること(倫理調整)。
*日本看護系大学協議会ホームページより
クリティカルケア看護学 (明石惠子 教授、益田美津美 准教授)
急性・重症患者看護専門看護師には、緊急度や重症度の高い患者に対するケアとキュアの融合による直接的なケアや苦痛緩和、家族支援などの実践、倫理的問題の調整、多職種間との連携・協働、教育などを通して、最善の医療が提供されるよう支援することが求められます。本コースでは、最新の治療・看護に関するエビデンスを学修し、学生の主体的な講義参加、事例に対する多面的な議論、職種間連携を考慮した実習によって高度な看護実践能力を修得します。さらに、看護実践上の疑問をもとに課題研究に取り組み、研究のプロセスを修得します。
精神保健看護学 (香月富士日 教授)
精神看護専門看護師は、精神療育の対象者・家族・集団に対して、卓越した看護援助を行う力を必要とします。このコースでは、精神症状と健康問題の適切な査定を行った上で、看護を展開できるようにします。また、精神領域の特殊な介入として、個人・集団・家族に対するセラピーを行う力を養います。実習においては、講義・演習で得た知識・技術をもとに、対象者の直接看護ケア、コンサルテーション、コーディネーション、およびセラピーの実際を指導を受けながら行い、精神専門看護師としての総合的な能力を修得します。
*専門看護師教育コース(クリティカルケア看護学、精神保健看護学)を希望する場合は、必ず担当教員に事前相談をしてください。

助産学領域

助産学 (脇本寛子 教授、渡邊実香 准教授)
助産師有資格者が学修する「修士論文コース」・「上級実践コース アドバンスコース」と助産師国家試験受験資格取得に向けた「上級実践コース 助産師国家試験受験資格取得コース」の3コースからなります。 ◆修士論文コース
助産学領域における女性とその家族、母子の健康維持や健康を阻害する問題に関わる臨床疑問や臨地的な課題の中から取り組む研究課題を明確にします。その研究課題に対し、適切な研究手法を用いて助産学的視点から探究し、修士論文を作成します。助産師免許(取得見込み含む)を有することが必要です。将来的に研究者・教育者を目指している方は、アドバンスコースより修士論文コースを勧めます。
◆上級実践コース アドバンスコース
助産師免許(取得見込み含む)を有するものがスキルアップを行い、より高度な助産実践能力を修得できるようリカレント教育を行います。2年前期に実習2科目・実習計画に必要な演習を履修し、課題研究に取り組むところが修士論文コースとの主な違いです。助産学特論・演習・実習を通して研究課題を明確にし、研究の一連のプロセスを通して助産ケアに貢献しうる知見を課題研究成果物としてまとめます。臨地での活躍が期待されます。助産師免許(取得見込み含む)を有することが必要です。
◆上級実践コース 助産師国家試験受験資格取得コース
基礎助産学の習得、周産期ケアや女性の健康支援について学修を深めることにより、研究的素養と高度な助産実践能力を将来発揮できる助産師の育成を目指しています。看護師免許(看護師国家試験受験資格)を有することが必要です。修了要件の30単位に加え、助産師国家試験受験資格取得に必要な29単位を修得します。国家試験受験資格取得に必要な実習11単位を1年後期に、2年前期に上級実践コースの実習2科目を行います。講義・演習・実習を通して研究課題を明確にし、助産ケアに貢献しうる知見を課題研究成果物としてまとめます。