グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部・大学院 >  大学院 >  カリキュラム(博士後期課程)

カリキュラム(博士後期課程)


大学院看護学研究科 カリキュラム(博士後期課程)
大学院看護学研究科:博士後期課程の特別研究担当教員とその内容について。

大学院看護学研究科 博士後期課程 教育目標

健康生活支援や新たなケアシステムに関する研究を通じて、看護学の学問的構築を推進できる優れた教育・研究者を育成します。

特別研究担当教員とその内容

健康支援看護学分野

堀田法子 教授(成育保健看護学)
胎児期から思春期までの過程で生じる、子どもおよび家族の健康課題や健康問題について研究します。研究フィールドは、病院や施設はもとより、在宅における看護などを幅広く、その現象や問題解決に向けての研究を行います。特に、研究の遂行には、正確な研究手法の修得が必要です。修士論文または新たな研究課題について文献の検討を行い、研究疑問を整理し、研究倫理審査を受審後、第一研究を遂行します。予備審査までには、第一研究の成果を学会誌に投稿します。第一研究の成果をもとに、第二研究を立案遂行し、博士論文を執筆します。
明石惠子 教授(クリティカルケア看護学)
急性臓器障害や侵襲的治療によって、生命の危機状態に陥った人々の健康問題について、身体的・心理的・社会的および倫理的観点から教育研究を行います。緊急度や重症度の高い患者を対象とする研究では、対象選定やデータ収集などに困難を伴いますが、そのような方々の苦痛緩和やOuality of Life(QOL)向上に資する研究を期待しています。また、博士論文の作成においては、自らの研究疑問に関連する研究背景を十分に検討した上で研究計画書を作成し、データ収集・分析を適切に行い、考察を論理的に記述するなど、研究者としての自律を目指します。
安東由佳子 教授(慢性看護学)
慢性看護学の学問的発展に寄与できる研究に取り組んでいます。具体的には、慢性疾患を有する人々やその家族の健康問題に対する効果的な介入方法を探求し、慢性看護学の理論構築に資する研究を行っています。博士論文作成のプロセスでは、既に習得している研究手法に加えて、より研究課題に適した研究手法の習得を目指す等、将来、研究者として独力で研究を遂行できるための能力を育成します。
山田紀代美 教授(高齢者看護学)
高齢者の加齢に伴う諸機能の変化や低下、そこから派生する心理、あるいは精神的な課題や生活への影響、さらには家族、専門職、社会との関係の中で、研究課題として探求すべき現象や概念を明らかにするとともに、それに適した研究方法を学びます。実際に結果を導き考察する中で、次なる課題が抽出されるという、研究の積み上げ、広がり、連鎖を実感できるようにします。また、この研究実施過程を通して、研究者として独り立ちできるようにサポートします。
薊隆文 教授 ※受験生の希望する研究テーマにあわせて、健康支援看護学分野の受験研究領域を決定します。
麻酔・集中治療領域における患者の呼吸・循環病態生理を、効率よく理解する方法を研究指導します。モニターに現れる呼吸・循環の病態変化を、モニタリングの原理を理解することによって、より正しく、あるいはこれまでにない方法でとらえる方法を探求します。また、緊急時・災害時など医療資源が限られた状況で必要となる簡易な酸素投与装置などの開発の可能性を探求します。
窪田泰江 教授 ※受験生の希望する研究テーマにあわせて、健康支援看護学分野の受験研究領域を決定します。
排尿生理学を中心に、学生が希望するテーマにあわせて、論文作成まで指導します。排尿機能に関わる研究が主体になるため、膀胱収縮・弛緩のメカニズムや神経支配について研究しています。最近の高齢化により、患者数が増加している前立腺肥大症や過活動膀胱などの疾患に、特に着目しています。患者さんのOuality of Life(QOL)と排尿障害を来す疾患との関わりについての研究も行っています。

ケアシステム看護学分野

矢野久子 教授(感染予防看護学)
医療関連感染などの感染予防ケアに関する研究を行っています。感染予防は、小児から高齢者まで、病院での急性期から慢性期、施設や在宅での長期療養まで幅広く求められる領域です。感染管理認定看護師等の臨床看護師や教員の方は、在職のまま学修を継続できる長期履修制度を活用しています。長期履修生の場合は、一年次に先行研究の文献検討と第一研究の計画・立案(倫理審査を含む)、二年次にデータ収集・分析、三年次に第一研究の論文投稿、予備論文審査及び第二研究の計画立案、データ収集・解析、四年次に博士論文の作成を行います。
香月富士日 教授(精神保健看護学)
精神疾患をもつ方やそのご家族に対して、よりよい専門的ケアの提供やケア提供システムを構築できることを目的に、効果的な介入方法を探求します。また、看護職などの対人援助職の方々が、健康的に働き続けることを目的として、メンタルヘルスの問題の現状把握、問題解決、およびサポートシステム構築を目指します。研究の遂行については、まず量的研究論文の批判的吟味方法を修得した上で、十分な文献検討を行い、研究疑問を明確にした研究計画を立てます。その後、データ収集、分析、論文作成を行い投稿します。これらの研究課程を通して、研究者として独り立ちできるための自覚と能力を養います。
門間晶子 教授(地域保健看護学)
地域における健康に関する事象の深い理解や健康課題の具体的解決につながるような研究に取り組みます。丁寧な文献検討や研究が依拠する理論的前提・基盤の学習に基づき、研究計画立案、調査実施、データ分析、博士論文作成というプロセスを、一貫したものとしてかつ創造的に組み立て、取り組むことを目指します。研究者の姿勢、研究者と研究協力者との関係性、研究における主観と客観などについても、気持ちを研ぎ澄ませながら研究を行います。
樋口倫代 教授(国際保健看護学)
疫学を中心に、健康科学、社会科学など学際的なアプローチを用いて、国際的視点をもって取り組むべき健康課題の現状把握、対策について探求します。博士前期課程で、基本的研究手法と論文作成を含めた一連の研究プロセスを習得していることを前提に、博士後期課程では、自らが研究プロジェクトを管理運営し、また、成果を社会に発信し、対策のためのネットワークを築いて行けるようになることを目標とします。マイノリティや脆弱な集団の健康や、健康における公正を目指そうとする研究課題であれば、研究対象地は国内・外を問いません。