名古屋市立大学 大学院医学研究科・医学部

文字サイズ

専攻・講座案内

不育症研究センター

最終更新日:2018年2月1日

不育症研究センターのホームページ

スタッフ

役職 氏名
センター長 杉浦 真弓(産科婦人科 教授)
副センター長 尾崎 康彦(産科婦人科 教授)
教授 齋藤 伸治(小児科 教授)
准教授 鈴森 伸宏(産科婦人科 准教授)
講師 佐藤 剛 (産科婦人科 講師)
助教 北折 珠央(産科婦人科 助教)
胚培養士 齋藤 智恵子
遺伝カウンセラー 大瀬戸 久美子
武田 恵利
臨床心理士 三木 有希
技術員 小澤 史子
事務員 井出 祥子
佐藤 健佑

概要

不育症とは「妊娠はするものの、流産・死産を繰り返して児を得られない疾患」と定義され、3回以上連続する習慣流産を含んでいる。妊娠を望むカップルの5%が不育症に罹患しています。

名古屋市立大学は、30年以上にわたり不育症の研究と診療に取り組み、この分野においては全国でも先駆的な存在であり、平成26年11月には医学研究科に不育症研究センターを設置しました。

研究実績のある本学を拠点として、共同利用・共同研究をより一層推進することが本拠点の設置の目的であります。

連絡先

名古屋市立大学 大学院医学研究課

電話番号 052-853-8077