公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

学費・奨学金等

名市大生スタート支援奨学金

給付型奨学金制度「名市大生スタート支援奨学金」について

大学の修学に係る費用については、所得の多寡にかかわらず相当の額が必要とされており、特に低所得世帯ほど所得に対する修学費用の割合が高く、経済的負担が大きくなっています。

このたび、経済的理由により修学に困難がある学生の経済的負担の軽減を図るとともに、学生自身が学生生活を向上させ、自分の将来の人生設計を考え、実現していくことができるよう支援するため、名市大生みらい応援基金を財源とした給付型奨学金制度を創設することとなりました。

名古屋市立大学振興基金・名市大生みらい応援基金について

対象者

住民税非課税世帯(両親及び両親に代わって家計を支えている者の、住民税所得割額が非課税である世帯)に属する学部新1年生

  • 新入学時においては、生活用品代、教科書・教材代、一人暮らしの入居費用など新生活を始めるための準備費用が多くかかることから、修学開始時の費用負担軽減を目的とし、学部1年生(留学生を除く)を対象とします。
  • 授業料減免を申請されない場合も申請可能です。
  • 授業料減免を申請される場合の手続きについては、以下のページを参照してください。
    授業料の減免
給付額

1人あたり5万円

支給方法

口座振替

財源

名市大生みらい応援基金(寄附金)

開始時期

平成30年度から

スケジュール
平成31(2019)年度申請期間

4月5日(金曜日)から6月10日(月曜日)

審査、決定・非決定通知

7月上旬頃

支給(口座振込)

7月中旬頃

申請書類
  1. 申請書
    申請書(WORD 16.4 KB)
  2. 振込口座依頼書
    口座振込依頼書及び記入上の注意点(PDF 263.6 KB)
  3. 住民票の写し(世帯全員のもの)
    (注意)平成31(2019)年4月1日以降取得のもので、マイナンバー記載は不可。授業料減免の申請をされる場合はコピー可。原本は授業料減免申請時に提出。
  4. 平成31(2019)年度「住民税の所得(非)課税証明書」
    (注意)住民税所得割額・扶養人数が記載されているものを提出する。マイナンバー記載は不可。多くの市町村は、例年6月頃の発行となっているため要注意。
    授業料減免を申請する場合は、授業料減免申請時に原本とコピーを各1部提出する。
  5. 授業料減免申請と共通利用できる書類(3及び4)については、コピーを利用することについて承諾をしていただきます。
  6. 参考
    給付型奨学金案内チラシ(PDF 192.4 KB)
    スタート支援奨学金Q&A(PDF 222.8 KB)
問合せ先

〒467-8501
名古屋市瑞穂区瑞穂町字山の畑1番地
名古屋市立大学学生課学生支援係
<滝子(山の畑)キャンパス3号館(経済学部棟)1F>
TEL:052(872)5042
Email:studentservice@sec.nagoya-cu.ac.jp