グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ご案内 >  研究科長/学部長ごあいさつ

研究科長/学部長ごあいさつ


大学院看護学研究科 研究科長/看護学部 学部長からのメッセージ
名古屋市立大学大学院看護学研究科 研究科長/看護学部 学部長 薊 隆文

一人ひとりを尊重し高い倫理観をもった看護職の育成を目指しています

 名古屋市立大学看護学部は、公立大学の中でも医学部・薬学部・看護学部の医療系三学部を有する唯一の総合大学として1999年に、生命と尊厳と権利の尊重を基盤とした人間理解を深めて、社会の福祉に寄与すべく自主的に行動することのできる看護職者の育成を目指して創設されました。
 大学院看護学研究科として、2003年に博士前期課程、2005年に博士後期課程を設置いたしました。2008年には国公立大学初の大学院での助産師教育を開始、さらに、その後、クリティカルケア看護学と精神保健看護学に専門看護師(CNS)教育課程を設けました。

 看護の使命は、病院での人々の健康の回復や苦痛の緩和に関わることはもちろんのこと、その人らしい生活が営めるよう家族や地域を含め、健康の保持・増進、病気の予防などの活動を行うことです。
 学部教育では、これまで人間の尊厳を大切にして、看護を通じて保健・医療・福祉に貢献できる人材を育成してきました。さらに高齢化や国際化などの社会情勢の変化・多様化に応じて基礎的能力のみならず、豊かな人間性と高い医療倫理観を併せ持ち、医療・看護分野で活躍し、地域や社会に貢献できる人材を育成することを目指しています。また、公衆衛生看護活動に必要となる理論と実践を通して修得できる教育プログラムを提供し、選択履修にはなりますが保健師国家試験受験資格を取得することもできます。国際交流では、韓国ハルリム大学等との間で海外研修や教員間交流活動を行っています。
 研究科教育では、高度な専門性と学術的視点を備えた研究者・職業人を育成することを目指しています。本学では、長期履修制度や昼夜開講授業を取り入れ、在職のまま学修を継続できる環境を整えています。これまでに200名を超える博士課程修了生を輩出し、それぞれが大学教育や看護実践の場で活躍しています。
 さらに、本学では、医学部・薬学部などの他学部と連携して、教養教育において医薬看連携地域参加型学習の教育プログラムを設けて多職種連携に学生段階から取り組んでいます。また文部科学省の課題解決型高度医療人材養成プログラムにも参加し人材育成にも取り組んでいます。

 本学部・研究科は、一人ひとりを尊重できる高い倫理観をもった看護職者を育成し、人々の健康を守り、社会に貢献できるよう取り組んでまいります。