グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  学部学科 >  国際文化学科 >  国際文化学科 カリキュラムの特色

国際文化学科 カリキュラムの特色


国際文化学科では、言語コミュニケーションの科目にとどまらず、異文化・自文化の理解、そしてそれらを比較する視点からグローバルな共生について考えていくことを目的とした、幅広いカリキュラムが用意されています。
まず、異文化理解と自文化発信のために欠かせない語学力の養成に務めます。英語科目は読む・書く・聞く・話す、の全面にわたった講義が用意されています。他の言語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語)についても、1年次からさらに中級レベルに語学力を伸ばすための科目が用意されています。
自らの文化への興味や理解があってこそ、「異文化」をよりよく知ることができるでしょう。本学科では、アジア・欧米についてのみならず、日本についての歴史・思想・文学・文化・言語など、多彩な講義が選択できます。それぞれの地域や学問領域への関心は、さらに演習(ゼミナール)科目で深めることができます。
そして、国内外の学外研修・フィールドワークのプログラム、さらには短期・長期留学の単位互換などが準備されています。実践的にも広い視野にたって、異文化間で積極的にコミュニケーションをはかることのできる人材の育成をめざしています。

カリキュラムの特色(主要科目)

基幹科目 国際文化学、国際関係論、日本文化論、多文化社会論、観光論、国際文化特講、名古屋学1・2など
展開科目 グローバルな共生 文化人類学、国際協力論、社会言語学、国際政治史、宗教学など
異文化・自文化理解 日本の歴史、日本民俗学、アジア史、アメリカ政治史、ヨーロッパの言語と社会、Area Studiesなど
言語コミュニケーション Academic Presentation、Research and Discussion、独語・仏語・中国語・韓国語中級、英語学概論など
フィールドワーク 国内・海外フィールドワーク、ボランティア・インターンシップ、短期語学研修など
演習と卒業論文 基礎演習、発展演習、専門演習1~4、卒業論文

語学学習プログラムの特色

国際文化学科は、教養・英語の単位が他学部・他学科の2倍の12単位で、多様な科目(17科目)の中から選択して多数履修でき、実用的な英語力を身につけることができます。
その上で、2年次以降は専門科目として、よりアカデミックなスキルに特化したAcademic Presentation, Academic Writing, Research and Presentation, Research and Discussionが用意されていて、英語で行われる他の専門科目と合わせて、専門領域でのリサーチや卒論でも使える英語力をつけることができ、継続的な英語学習が可能となっています。
その他の言語については、教養の必修4科目の他に、言語によっては別途、会話の科目も4単位履修可能です。さらに、2年次以降、専門科目としてドイツ語、フランス語、中国語、韓国語の中級科目も用意されていて、継続的な学習が可能となっています。

フィールドワークプログラム

「フィールドワーク(展開科目D)」は、大学の外に出て、自分が今まで生きてきた社会や文化と異なる環境を体験し、国内外の多様な暮らしをしている人々と直接交流することで、異文化理解・国際交流について五感で学ぶことを目的にしています。参加学生は、事前学習で実習地域やフィールドについての事前学習を行い、終了後に報告発表・レポートが課されます。学生が現場で責任を担い、主体的に考え、行動することで、生きた知識や実践力が養われることを期待しています。国際文化学科の学生は、卒業するまでに、必ずこの「展開科目D」の単位を履修する必要があります。
「フィールドワーク(展開科目D)」では、海外・国内フィールドワーク、名古屋市国際交流課や名古屋国際センターでのインターンシップ、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(米国フロリダ州)での海外インターンシップ、国内ボランティア(日本語学習支援)、海外語学研修プログラムや海外提携大学への交換留学で履修した科目など、豊富なプログラムが用意されています。

国際文化学科の学生が応募可能なプログラム(2019年4月現在)

交換留学

  • ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)
  • パリ第13大学(フランス)
  • 中央民族大学(中国)
  • ハルリム大学(韓国)
  • 南ソウル大学(韓国)
  • 忠南大学(韓国)
  • ルートヴィクスハーフェン経済大学(ドイツ)
  • 文藻外語大学(台湾)
  • 貿易大学(ベトナム)
  • プリンスオブソンクラー大学(タイ)

派遣留学

  • クイーンズ大学BISC(イギリス)
  • バックネル大学TA奨学生制度(アメリカ)
    バックネル大学TA奨学生制度は、国際文化学科の学生をアメリカ・ペンシルベニア州のBucknell Universityに日本語のティーチング・アシスタント(TA)として9ヶ月間派遣するプログラムで、日本語のTAをやりながら、自分でも好きな授業を各学期1科目履修でき、約$4,650の奨学金の他に、授業料、寮費(部屋・食事)、 渡航費、など諸経費はほとんど支給される奨学生制度です。

バックネル大学

語学研修

  • ニューサウスウェールズ大学付属語学学校短期研修(オーストラリア)
  • ルートヴィクスハーフェン経済大学サマースクール研修(ドイツ)
  • 中国短期語学研修(中国)
  • フランス語短期研修(フランス)
  • ミシガン州立大学短期研修(アメリカ)

海外フィールドワーク

  • マレーシア・フィールドワークなど
    国際文化学科では「海外フィールドワーク」という授業があります。これは夏季休業中に1週間程度、教員と学生が一緒に海外の特定の地域に滞在し、そこで教員の専門の指導に従い、それぞれの参加学生が自分で調査テーマを決めて、外国語を使ってフィールドワークをし、最後に全員で報告書を作成する授業です。2016年度から2019年度はマレーシア、ペナン島のUNESCO世界文化遺産登録地域で、多民族社会や植民地期の遺産、近年の観光化に伴う文化変容といったテーマについて調査してきました。この授業の一番の特徴は、大学1年生からの受講が可能なことです。高校までの「勉強」とは異なる「現場での研究」を経験することにより、大学での学びのモチベーションを高めることができる授業です。

ペナン島のカピタン・クリン・モスク

モスクの内部

国内フィールドワーク

  • 名古屋市博物館連携事業など

海外インターンシップ

  • 国連食糧農業機関(FAO)インターンシップ(イタリア)
  • バレンシア(ディズニー)国際カレッジプログラム(アメリカ)

国内インターンシップ

  • 名古屋市国際交流課インターンシップ
  • 日本語ボランティア・インターンシップ
  • 名古屋国際センター・インターンシップ
    名古屋国際センター(NIC)は地域の国際化の推進を図る名古屋市の公益財団法人です。国際文化学科には短期と長期の実習があります。短期の実習では、8月下旬の一週間、定住外国人対象のカウンター業務、「国際留学生会館」の業務、NICライブラリーの蔵書整理などNIC業務の全般を体験します。長期の実習では、前後期それぞれ約5カ月間にわたって、NICが企画する市民参加型多文化共生企画(前期「ワールド・コラボ・フェスタ」、後期「ワールド・ユース・デイ」)の準備・運営に従事します。

ワールド・コラボ・フェスタ