グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護実践研究センター トピックス >  2021年度 看護研究いろはの「ろ」開催報告

2021年度 看護研究いろはの「ろ」開催報告


2021年度 看護研究いろはの「ろ」開催報告

[掲載日:2021年12月1日]

開催概要

題名 看護研究いろはの「ろ」
講師 宮内義明先生(名古屋市立大学大学院看護学研究科准教授)
日時 2021年11月5日(金) 9時00分~16時00分
会場 名古屋市立大学看護学部棟
参加者数 4名
参加費 6,000円
主催 名古屋市立大学看護実践研究センター

実施報告

 なごや看護生涯学習セミナー「看護研究いろはの『ろ』」を本学の宮内義明准教授に実施していただきました。研究デザインの一つの手法である量的研究を実施するための基礎知識として、観察研究と実験研究について解説していただきました。中でも、実験研究で問題となるバイアスについては、理解を深められるようグループワークが行われました。続いて、データ分析に必要になる統計学の基礎と基本的な分析方法の考え方から計算方法について説明をしていただいた上で、パソコンを用いた解析演習が行われました。解析演習では、χ2検定を用いる事例を通して、ソフトウェアの具体的な活用方法の講習がなされ、参加者一人一人が実際に分析を行っていきました。この他、統計解析に使えるソフトウェア並びにWebサイトの紹介がされました。
 講義、グループワーク、演習を取り入れ、実践応用につながる学びが深まるように工夫された講習会となりました。

受講者の感想(講演会終了後アンケートより)

・わかりやすいが難しい内容であった。ていねいに教えていただけたので理解できた。
・いままで多くの時間と手間をかけて勉強したものが集約された印象であった。
・もっと早く学んでおけばよかったと思った。
・検定方法に関してまだまだ理解できてはない部分があるが、少しはイメージがついた。

いろはの「ろ」講義の写真

いろはの「ろ」演習の写真