グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護実践研究センター トピックス >  2019年度 看護研究いろはの「ろ」開催報告

2019年度 看護研究いろはの「ろ」開催報告


2019年度 看護研究いろはの「ろ」開催報告

[掲載日:2019年11月29日]

開催概要

題名 看護研究いろはの「ろ」
講師 宮内義明先生(名古屋市立大学大学院看護学研究科准教授)
日時 2019年10月11日(金) 9時00分~16時00分
会場 名古屋市立大学看護学部棟
参加者数 9名
参加費 3,000円
主催 名古屋市立大学看護実践研究センター

実施報告

なごや看護生涯学習セミナー「看護研究いろはの『ろ』・量的研究の基礎」を本学の宮内義明准教授に実施していただきました。

講義内容は、量的研究とはどのようなものであるかを知り、量的研究を行うために必要な基礎知識、量的研究でのデータ分析に必要になる統計学の基礎と統計解析、基本的な分析方法などでした。その後、グループワークやパソコンを用いた統計解析の演習をしていただきました。講義と演習により受講者の学びが深まりました。

受講者の感想(講演会終了後アンケートより)

  • 統計とは?というところから私は初めてだったので、内容と数字についていくのがとても難しかったですが、統計について興味はもてました。
  • 頭の中でごちゃごちゃしていた統計の知識が整理できました。
  • ソフトを用いた学習ができてよかったです。統計については、もう一度ふりかえる学習が必要だと思いました。
  • とても難しい内容でしたが、ゆっくりわかりやすく教えてもらえました。確認をちょこちょこいれて下さったので、おいてかれる感じがなかったので助かりました。
  • 具体例やグループワークなどがあり、イメージし易かったです。