グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護実践研究センター トピックス >  2019年度 心不全、呼吸不全、脳血管疾患の検査結果の見方・読み方と病態 開催報告

2019年度 心不全、呼吸不全、脳血管疾患の検査結果の見方・読み方と病態 開催報告


2019年度 心不全、呼吸不全、脳血管疾患の検査結果の見方・読み方と病態 開催報告

[掲載日:2019年12月09日]

開催概要

題名 心不全、呼吸不全、脳血管疾患の検査結果の見方・読み方と病態
講師 薊隆文先生 (名古屋市立大学大学院看護学研究科教授)
日時 2019年10月17日(木)、10月24日(木)、 10月31日(木) 18時30分~ 20時30分
会場 名古屋市立大学看護学部棟
参加者数 10月17日 11名 , 10月24日 11名 , 10月31日 10名
参加費 3,000円
主催 名古屋市立大学看護実践研究センター

実施報告

「心不全、呼吸不全、脳血管疾患の検査結果の見方・読み方と病態」と題して、本学の薊隆文教授に3回に分けて講義をしていただきました。初回は「心不全」、2回目は「呼吸不全」、3回目は「脳血管疾患」の検査所見とその見方・読み方について、それぞれ丁寧に講義をしていただきました。画像検査、モニタリングなどの映像を用いた内容で、急変時にどのような変化が、どのような検査所見として現れるのか理解が深まりました。今後の臨床実践に活かしていただきたいと思います。