グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



国際交流・留学

ホーム >  国際交流・留学 >  在学生の方へ >  国際学会発表支援事業

国際学会発表支援事業



新型コロナウイルス感染症にかかるオンライン開催による国際学会発表臨時支援制度【令和3年度限定】

趣旨・目的

海外渡航が制限される状況下において、本学大学院生の学術研究活動の国際化を促進する為、臨時的にオンライン開催による国際学会において英語での発表を行う場合、その参加費用を支援する。

対象者

本学大学院研究科に所属する正規学生で、指導教員の推薦を受け、正常時であれば日本国外で開催される国際学会にオンラインでにて参加し、自ら英語で発表を行う者

支援内容

下記を上限金額とし、学生本人が負担する学会の参加費全学またはその一部を支援する

口頭発表:30千円
ポスター発表:10千円
※支援の可否および支援金額は、発表の内容や申請数により決定される。

対象となる学会開催日および申請受付期間

対象となる学会開催日:令和3年4月1日から令和3年9月30日

申請受付期間:令和3年9月1日から令和3年9月30日

この制度は、上記受付期間および学会開催期間のみの臨時制度となります

条件

条件・応募方法等、詳細についてはページ内添付「新型コロナウイルス感染症にかかるオンライン開催による国際学会発表臨時支援制度_概要」をご確認下さい。

概要・各種提出書類(オンライン学会臨時支援)

国際学会発表支援事業

趣旨・目的

本学大学院生の学術研究活動の国際化を推進するため、大学院生が海外で開催される各種学会に参加し当該学会において発表を行う場合、その渡航費用(旅費)について助成します。

対象者

本学大学院研究科に在籍する正規学生で、指導教員の推薦を受け海外の国際学会において自ら研究発表を行う者。

支援の内容

  1. 国際学会開催地に到達するための最も合理的かつ経済的な経路及び方法により算出した運賃および国際学会の参加に必要な最短滞在日数にかかる宿泊料の合計額(以下、「支援額」という。)を支給します。(現地交通費は対象外)
  2. 当該国際学会への参加にあたり、他機関より同種の支援を受ける場合または学術奨励寄附金などの外部資金および科学研究費補助金などにより経費を負担する場合にあっては、支援額から当該支援を受ける額及び負担額を減額した額を支給します。
  3. 支給額の上限は下記2つの地域に分けて設定する。
    1) アジア地域(韓国、中国(香港を含む)、台湾、フィリピン、ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア等):8万円
    2) 上記以外の地域(ヨーロッパ・アフリカ・中南米地域、アメリカ、カナダ等):15万円
  • 但し、「5.申請受付」の区分ごとに配分された助成金額(総額)を上回る申請があった場合には、各申請額(上限額を超える場合は、上限額)から同じ割合で減額した額を支給することとします。

  • 申請受付期間内に学会への参加や発表形式(口頭・ポスターセッション等)が確定していない場合は、その旨申請書にご記入のうえ、期間内に申請してください(期間経過後の申請は認めません)。後日、学会参加が確定したら、所属する研究科の事務室経由で、参加や発表形式の該当箇所が分かるようにして提出してください。
デルタ航空を利用される方へ:
デルタ航空との協定により、デルタ航空の航空券を割引価格により購入できるようになりましたので、下記をご確認ください。
対象者:本学の教職員および学生
ご利用を希望される方は、エムオーツーリスト株式会社 名古屋支店にお問合せをお願いいたします。
予約窓口 エムオーツーリスト株式会社 名古屋支店
名市大専用デスク
TEL:052-583-0681
Email:ncu[at]mo-tourist.com
(スパム対策のため、@マークが[at]になっていますから、@(半角)に書き換えてください。)
概要:
デルタ航空の航空券の割引率は5%です。
割引対象外になりますが、海外ホテルの予約や海外旅行傷害保険なども取り扱っていますので、詳細は直接お問合せください。
注意点:
この制度を利用して購入された航空券は、譲渡・交換・贈与などにより、いかなる個人または企業・団体などに使用させることはできません。
また、ご利用は個人契約となります。

実績

令和元年度

研究科 人数 主な参加学会(国名)
医学研究科 20
  • Pediatric Academic Societies Meeting2019(アメリカ)
  • American Urological Association Annual Meeting 2019(アメリカ)
  • Particle Therapy co-operative group(PTCOG) 58th Annual Conference(イギリス)
  • 35th Annual Meeting European Society of Human Reproduction and Embryology(オーストラリア)
  • The7th Biennial Congress of the Asian Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association(韓国)
  • ASTRO's 61st Annual Meeting(アメリカ)
  • America Society of Radiation Oncology(アメリカ)
  • Neuroscience2019(アメリカ)
  • 2019 World Conference on Lung Cancer(アメリカ)
  • 8th Conference of the International Society of Interpersonal Psychotherapy(ハンガリー)
  • American Heart Association Scientific Sessions2019(アメリカ)
  • The American Society of Human Genetics 2019 Annual Meeting(アメリカ)
  • 2019 World Conference on Ling Cancer(スペイン)
薬学研究科 10
  • The 5th International Soft Matter Conference(イギリス)
  • The XV International Congress of Toxicology(アメリカ)
  • 25th International Symposium on Glycoconjugates(イタリア)
  • 55th Congress of the European Societies of Toxicology(フィンランド)
  • Cold Spring Harbor Laboratory Neurobiology of Drosophila2019(アメリカ)
  • Society for Neuroscience2019(アメリカ)
  • American Society for Cell Biology(アメリカ)
  • 22nd Congress of the European Society for Sexual Medicine(チェコ)
  • Neurobiology of Drosophila(アメリカ)
人間文化研究科 2
  • International Association of Early Childhood Education Conference(アメリカ)
芸術工学研究科 3
  • 41st Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society(ドイツ)
  • The 17th International Conference of Asia Digital Art and Design(マレーシア)
看護学研究科 1
  • 51st APACPH Conference(タイ)
システム自然科学研究科 1
  • Experimental Biology 2019(アメリカ)
合計 37

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。