グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  概要 >  研究科長・学部長メッセージ

研究科長・学部長メッセージ


人文社会学部・人間文化研究科への招待

戦争、気候変動、経済格差、子どもの貧困、難民問題、外国人との共生、こころの病、わたしたちを取り巻く世界では、人間社会が前世紀から引き続き抱える課題に加え、今世紀になって新たな難問も生じています。

世界での出来事と身の回りで起こっている問題とを結びつける思考とそれを語る言葉を大学生活の4年間で見つけてください。人文社会学部は人間的な豊かさを追求し持続可能な社会を築くための教育を基礎とし、心理教育学科、現代社会学科、国際文化学科の3つの学科において各々の専門的な知識と技能を身に付けることができます。

そして教室で学んだ知識とあなたの課題を持って、世界や地域社会に出かけてください。そこで体感し発見したことと格闘することによって、知識はあなたのものになり、大学での学びが人生の困難や社会の課題を解決する力、次の時代を見通す力の基となるでしょう。

世界に開かれ、社会とつながる知の実験の場、名市大の人文社会学部にあなたも参加しませんか。
大学院人間文化研究科長・人文社会学部長 山本 明代

学部の理念と教育の目的

教育研究上の目的

豊かで人間らしい生き方を探求するため、持続可能な地域社会と地球社会をつくる研究を人文科学・社会科学諸分野から総合的に実施し、科学の目と豊かな人間観を持ち、人の多様性を理解し、生涯発達の支援・次世代育成に貢献する能力、複雑な現代社会の姿を深く認識し、社会の抱える諸課題の実践的な解決について考える能力、異文化と自文化の理解、異文化間の交流と共生について多面的に考え、行動する能力を身につけることを目的とする。

人材の養成に関する目的

  1. 心理教育学科においては、心理学・教育学を基礎として、人間の多様性を尊重し、生涯発達の支援・次世代育成に取り組むことのできる人材及び人間の個性、生涯発達の過程、また環境との関係の中で生じる多様性について総合的に理解することで、子どもの発達に関わる現代的諸課題の解決及びその健やかな発達を保障する教育と心理的支援に貢献できる人材を養成することを目的とする。
  2. 現代社会学科においては、地域社会で現に生起している社会問題群を的確に認識する社会調査・分析能力を備えた人材及び多様性・多元性が高まる社会の中で、差異を認め、格差を乗り越える社会インフラのあり方を学び、地域社会の発展や協働・福祉に貢献する人材を養成することを目的とする。
  3. 国際文化学科においては、人間科学・社会科学諸分野の幅広い教養を身につけ、グローバルかつローカルな視点から自文化と異文化の相互関係を理解して、文化と社会の特質を批判的かつ柔軟に把握することができる人材及び英語その他の外国語の実践的な言語コミュニケーション能力を発揮して、地域社会と国際社会に貢献しうる人材を養成することを目的とする。