グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



大学案内・教育情報の公表

ホーム >  大学案内・教育情報の公表 >  理事長・学長 >  理事長メッセージ

理事長メッセージ


理事長メッセージ

名古屋市立大学 理事長
郡 健二郎

本学は、名古屋薬学校(1884年設置)と名古屋市立女子高等医学専門学校(1943年設置)を源流とし、1950年に医学部と、薬学部とからなる公立大学として創設されました。その後、経済学部、人文社会学部、芸術工学部、看護学部、総合生命理学部が設置され、現在では7学部7研究科からなる総合大学に発展を遂げています。

本学の特徴の一つは、少人数教育(学生7名に対し教員1名)を行っていることです。学部の壁を越え、教職員が一体となって、優れた人材を育成し、先端的研究を世界へ発信し、市民の健康福祉の向上に尽くすことにより社会貢献に寄与しております。

本学は、2014年の開学記念日(10月28日)に「大学憲章」を制定し、「名市大未来プラン」を策定しました。それを踏まえ、総合生命理学部、脳神経科学研究所、経済学研究科「医療経済マネジメントコース」、医学研究科「臨床医療デザイン学分野」、人間文化研究科「臨床心理コース」、都市政策研究センター、産学官共創イノベーションセンター、SDGsセンターなどが開設され、新たな学術分野を切り拓いています。また、2021年4月、名古屋市立東部・西部医療センターが大学附属病院になり、約1,800床からなる全国最大クラスの大学病院群が誕生しました。このように当初策定した「名市大未来プラン」はほぼ実現できたことから、2021年に「名市大未来プラン2021」を約100名の教職員の手により新たに策定し、それを基に「研究科等未来プラン2021」を策定して、本学は次のステージに入っています。

第三期中期目標・中期計画期間(2018~2023年度)においては、運営費交付金等は法人化当初にまで増額されました。私たちが願っていた「V字回復」です。名古屋市からの温かいご理解とご支援に深く感謝し、市民に愛され誇りを持たれる名市大を目指してまいります。

このような活動により、本学は、「大学の地域貢献度に関する全国調査2021(日経グローカル)」では、全国1位の評価を、また、SDGsの取り組みを評価する「THE大学インパクトランキング2021」では、公立大学で3年連続1位と高く評価されました。さらに、本学の取り組みがマスメディアに取り上げられた件数はこの4年間で約4倍に増えています。これもひとえに教職員・学生の活躍によるものです。これからもこれを弾みとして、世界をリードする大学を目指してまいります。

大学を取り巻く社会状況の変化を的確にとらえ、本学はこれからも弛みない改革をしてまいります。

私たちが目指す方向性をご理解いただき、温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。


令和4年4月 理事長 郡 健二郎

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。