公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

在学生の方へ

奨学金(海外留学関係)

奨学金(学内の留学サポート)

海外の協定校に派遣される学生は、以下の名古屋市立大学後援会の奨学金のサポートを受けることができます。

奨学金受給対象者

大学間交流協定もしくは学部間交流協定に基づき海外の協定校へ派遣される派遣学生
(ただし、奨学金を受けることができるのは大学学部及び大学院研究科ごとに在学中1回です)

奨学金の額

学生が負担する渡航費、滞在費等の経費として上限15万円
(奨学金全体の金額は予算の範囲内で交付します)

交付の申請 (派遣1月前まで)

派遣学生は、交付を受けようとするときは、派遣予定日1ヵ月前までに申請書類(下記「各種様式ダウンロード」より様式1から様式3はダウンロード可)を各学部等事務室に提出してください。

申請時提出書類
  • 奨学金申請書(様式1)
  • 振込口座登録書(様式2)
  • 派遣計画書(様式3)
  • 滞在スケジュール表(様式任意)
  • 航空運賃(往復)の見積もりに係る書類
報告書の提出 (帰国後10日以内)

派遣学生は、派遣期間終了後10日以内に奨学金に関する報告書等(下記「各種様式ダウンロード」より様式5はダウンロード可)を各学部事務室等に提出してください。

奨学金に関する報告書等
  • 奨学金に関する報告書(様式5)
  • 感想文(様式任意 400字から800字以内)
その他留意事項
  • 派遣学生が奨学金を他の用途に使用した場合、またはその他の交付の決定の内容もしくはこれに付した条件に違反したことが判明した場合は、奨学金の交付決定を取り消されることがあります。
  • 交付の取り消しがあった場合、すでに奨学金が交付されているときは、定められた期限までに奨学金を返還してください。
各種様式ダウンロード

<交付の申請 派遣1月前までに申請するもの>

奨学金申請書 (様式1) (PDF 38.8 KB)

振込口座登録書(様式2)(PDF 43.0 KB)

派遣計画書(様式3)(PDF 32.1 KB)

<報告書等の提出 帰国後10日以内>

奨学金に関する報告書(様式5)(PDF 64.8 KB)

海外留学のための外国政府等の奨学金

独立行政法人日本学生支援機構の海外留学のための外国政府等の奨学金のサイトです。内容を十分に理解した上、それぞれの奨学金の担当機関へ申し込みをしてください。

(在学生向け)日本学生支援機構ウェブサイト 海外留学のための外国政府等の奨学金

日本学生支援機構第二種奨学金

短期留学

平成30年度内に海外の大学又は大学院へ留学予定者で、貸与を希望する方が対象です。
申請希望学生は学生課国際交流係にて必要書類をお渡しいたします。

日本学生支援機構ウェブサイト 第二種奨学金(短期留学)

申請資格 留学期間が3ヵ月から1年以内の短期留学(但し、ダブルディグリー等の場合は2年以内)
<上記を満たし、下記のいずれかの条件を満たす者>
  1. 学生交流に関する協定等に基づく留学であること。
  2. 留学により取得した単位が本学で単位として認定される留学であること。
  3. 大学院レベルの研究留学で学長が有意義と認めた留学であること。
  • 現在、第一種又は第二種奨学金の貸与を受けている場合は、奨学金の種類や奨学生によって、貸与の条件が異なりますので、詳細は窓口でご確認ください。
  • 大学へ「留学願」を届け出ていない場合には申請できないことがあります。
奨学金の種類
  1. 第二種奨学金(利息付き)
  2. 留学時特別増額貸与奨学金(利息付き: 10万円、20万円、30万円、40万円、50万円)
貸与月額 学部生 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円 から希望月額を選択
大学院生 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円 から希望月額を選択
貸与期間 機構で認めた留学の期間(留学を開始した月から終了した月まで)
申請期間 留学開始時期 申請期間

平成30年度

1回目

平成30年4月から7月 平成29年8月1日(火曜日)から12月18日(月曜日)

平成30年度

2回目

平成30年8月から11月

平成30年1月4日(木曜日)から3月19日(月曜日)

平成30年度

3回目

平成30年12月から平成31年3月

平成30年8月20日(月曜日)まで
申込・問合せ先 学生課 国際交流係
TEL:052-872-5067
mail:ryugaku[at]sec.nagoya-cu.ac.jp
スパムメール防止のため@を[at]にしています。
送信の際は[at]を@(半角)に置換して下さい。
  • 申請結果決定時期は、平成30年度1回目は平成30年2月下旬、2回目は6月下旬、3回目は10月下旬の予定です。
海外

平成31年度内に海外の大学又は大学院へ学位取得を目的として進学(入学・編入)予定者で、貸与を希望する方が対象です。申請希望学生は学生課国際交流係にて必要書類をお渡しいたします。

日本学生支援機構ウェブサイト 第二種奨学金(海外)

申請資格

平成31年4月~平成32年3月に学位取得を目的として、海外の大学・大学院に進学を希望する者。

<上記を満たし、下記のいずれかの条件を満たす者>

  1. 大学卒業見込者及び卒業後3年以内の者。
  2. 大学院〔修士課程〕修了見込者及び修了後3年以内の者。
  3. 大学院〔博士課程〕修了見込者及び修了後3年以内の者。
  • 卒業・修了(予定)課程や進学する課程により申請方法が異なりますので申請を希望する方は国際交流係まで問い合わせください。
  • 現在、第一種又は第二種奨学金の貸与を受けている場合は、奨学金の種類や奨学生によって、貸与の条件が異なりますので、詳細は窓口でご確認ください。
  • 大学へ「留学願」を届け出ていない場合には、申請できないことがあります。
奨学金の種類
  1. 第二種奨学金(利息付き)
  2. 入学時特別増額貸与奨学金(利息付き: 10万円、20万円、30万円、40万円、50万円)
貸与月額 学部生 2万円、3万円、4万円、5万円、6万円、7万円、8万円、9万円、10万円、11万円、12万円 から希望月額を選択
大学院生 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円 から希望月額を選択
貸与期間 機構で認めた留学の期間(学位取得のための入学年月から在籍学校の標準修業年限の終期まで)
申請期間 進学月 申請期間

平成31年度

1回目

平成31年4月から平成32年3月 平成30年8月2日(木曜日)から11月15日(木曜日)

平成31年度

2回目

平成31年7月から平成32年3月

平成31年1月5日(土曜日)から2月5日(火曜日)

平成31年度

3回目

平成31年12月から平成32年3月

平成31年8月9日(金曜日)まで
申込・問合せ先 学生課 国際交流係
TEL:052-872-5067
mail:ryugaku[at]sec.nagoya-cu.ac.jp
スパムメール防止のため@を[at]にしています。
送信の際は[at]を@(半角)に置換して下さい。

● 申請結果決定時期は、平成31年度1回目は平成31年2月下旬、2回目は5月下旬、3回目は11月下旬の予定 です。

その他奨学金

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム NEW

このプログラムは、文部科学省が開始した留学促進キャンペーンのひとつで意欲と能力のある全ての学生のための海外留学支援制度です。
この制度では、学生が意欲を持って自ら定めた目的・目標に基づき立案した留学計画を支援します。支援対象の留学先は、教育機関だけでなく、インターンシップ、フィールドワーク、ボランティア等の「実践活動」の含まれるものも支援対象です。

  1. 留学計画のおもな申請要件概要
    (1) 定められた期間中に諸外国において留学が開始される計画。
    (2) 諸外国における留学期間が28日以上2年以内(3カ月以上推奨)。
    (3) 留学先における受け入れ機関が存在している計画。
    (4) 在籍大学等が、教育上有益な学修活動と認める計画。
    (5) 留学の目的に沿った「実践活動」が含まれている計画。
  2. 奨学金
    奨学金:月額12~20万円(留学先地域による)
    渡航費:10~20万円(留学先地域による)
    授業料:1年以内は上限30万円、13カ月以上~2年以内は上限60万円の実費
  3. 募集回数・時期
    募集回数:年2回
    募集時期:例年7月頃~10月頃、1月頃~4月頃

詳細は、関連ページのリンクをご覧ください。
学内での説明会も募集時期にあわせて実施します。
トビタテ!留学JAPANウェブサイト(外部サイト)

トビタテの魅力が満載!~応募の流れから、留学中の様子、合格者の声まで~
トビタテ!留学JAPAN!説明動画