グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



図書館・病院・付属施設の新着情報

ホーム >  図書館・病院・付属施設の新着情報 >  Adobe Acrobat および Reader の脆弱性 (APSB21-37)について(6月11日更新)

Adobe Acrobat および Reader の脆弱性 (APSB21-37)について(6月11日更新)


2021年6月9日
Adobe社より、脆弱性に関する注意喚起の通知がありました。
適宜、最新のバージョンへアップデートをお願い致します。

対象

- Adobe Acrobat DC Continuous(2021.001.20155)およびそれ以前(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat Reader DC Continuous(2021.001.20155)およびそれ以前(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat 2020 Classic 2020(2020.001.30025)およびそれ以前(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat Reader 2020 Classic 2020(2020.001.30025)およびそれ以前(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat 2017 Classic 2017(2017.011.30196)およびそれ以前(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat Reader 2017 Classic 2017(2017.011.30196)およびそれ以前(Windows、macOS)

最新のバージョン

- Adobe Acrobat DC Continuous(2021.005.20048)(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat Reader DC Continuous(2021.005.20048)(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat 2020 Classic 2020(2020.004.30005)(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat Reader 2020 Classic 2020(2020.004.30005)(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat 2017 Classic 2017(2017.011.30197)(Windows、macOS)
- Adobe Acrobat Reader 2017 Classic 2017(2017.011.30197)(Windows、macOS)

更新: 2021年6月11日追記
Adobeのアドバイザリにて、Adobe Acrobat DC ContinuousおよびAdobe Acrobat Reader DC Continuousの修正バージョンが更新されたため、同じく上記のバージョン情報を更新いたしました。