名古屋市立大学 大学院芸術工学研究科・芸術工学部

新着情報一覧

[2020.12.09]

小鷹研究室によるからだの錯覚「XRAYSCOPE」が「Best Illusion of the Year Contest 2020」の Top10に入りました。

小鷹研究室によるからだの錯覚「XRAYSCOPE」が「Best Illusion of the Year Contest 2020」の
Top10に入りました。小鷹研究室としては去年の「Bodiject FIngers」に続いて二年連続のTop10入りです。
なお、XRAYSCOPEは、小鷹研究室の現四年生・今井健人の卒業研究の成果の一つです。

作品名:XRAYSCOPE
作者:Kento Imai and Kenri Kodaka

「Best Illusion of the Year Contest」は、
アメリカのNeural CorrelateSociety(神経相関学会)が主催する、
世界中の錯覚の中で映像をベースに年間ベストを決めるコンテストで、
2005年から続く歴史あるコンペです。

まず、フィナリストとしてtop10が発表され、
この中で、世界中からの投票を基にして、上位三件が決定します。

☆投票は12月7日から12月10日までとなります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
投票ページ (2020年のトップ10の映像が一望できます)
http://illusionoftheyear.com/vote/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

文字サイズ 標準