公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント・公開講座

【開催日9月4日から】最新医学講座 オープンカレッジ(第2期)

その他の公開講座等

2020年8月 7日

主催 医学研究科
内容
ロボット手術が変える手術の未来

[コーディネーター]
医学研究科 消化器外科学分野 教授 瀧口修司

内視鏡下手術が始まっておよそ30年が経ちました。今ではほぼ標準手術となった内視鏡下手術は、これまでの手術の歴史の中で最も短期間かつ劇的な変化の一つでした。今、その内視鏡下手術を超える新たな変化が起きようとしています。ロボットを使った内視鏡下手術です。3次元による正確な画像情報と、人間の関節の可動域以上に動く"アーム"を使った複雑かつ精密な操作により、さらに安全で低侵襲の治療が提供できると私たちは思っています。名市大で行っているロボット手術の現状と、ロボット手術が変えていくかもしれない手術の未来について、各分野のエキスパートの先生たちにわかりやすくお話して頂きます。
※新型コロナウイルス感染症予防のため、講座が中止・内容変更となる場合がございます。

開講科目内容

第1回 9月4日
■ロボット手術が変える手術の未来と泌尿器科診療
名古屋市立大学病院 泌尿器科
安井 孝周

第2回 9月18日
■縦隔腫瘍手術の最前線
名古屋市立大学病院 呼吸器外科
奥田 勝裕

第3回 9月25日
■小児泌尿器科疾患に対するロボット手術の現況と未来
名古屋市立大学病院 小児泌尿器科
水野 健太郎

第4回 10月2日
■ロボット手術の現状と展望-胃がん-
名古屋市立大学病院 消化器外科
佐川 弘之

第5回 10月9日
■肝胆膵外科におけるロボット手術の展望
名古屋市立大学病院 消化器外科
森本 守

第6回 10月16日
■婦人科疾患におけるロボット支援科手術-適応とその実際-
名古屋市立大学病院 産婦人科
西川 隆太郎

第7回 10月23日
■肺がんに対する外科治療の変遷‐ロボット手術の現況と未来
名古屋市立大学病院 呼吸器外科
中西 良一

第8回 10月30日
■直腸がん手術の最前線
名古屋市立大学病院 消化器外科
高橋 広城

日時 2020年9月4日から10月30日(9月11日を除く各金曜日)
時間は午後6時30分から午後8時の90分授業で週1回、全8回で構成となります。
受講者は原則として8回を通して受講をお願いいたします。

開催場所 桜山(川澄)キャンパス 医学研究科・医学部研究棟11階 講義室A
対象 どなたでも
定員 80名
受講料 8,000円(開講初日にお支払いいただきます)
応募方法

往復はがきまたはE-mail(応募動機も記入)

応募期間

2020年7月27日(月曜日)から8月14日(金曜日)

備考

講座詳細や応募方法詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。

「最新医学講座オープンカレッジ」ウェブサイト

申込・問合せ 教育研究課 オープンカレッジ担当
〒467-8601名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
TEL:052-853-8077
Email:igakubuoc[at]sec.nagoya-cu.ac.jp
(スパム対策のため、@マークが[at]になっていますから、@(半角)に書き換えてください。)
イベント・公開講座TOPへ