公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント・公開講座

【開催日10月12日~】なごや看護生涯学習セミナー<看護実践セミナー>

その他の公開講座等

2019年8月 2日

主催 看護学研究科
内容
(台風19号接近の為、中止となりました)家族支援における対話に新しい風を~オープンダイアローグの紹介・体験~

看護学研究科教授 門間 晶子

●10月12日(土曜日)午後1時~午後5時
1.オープンダイアローグの基礎とリフレクティング
講義:「話を聞く」「対話」とは、オープンダイアローグの基礎
演習:対話の演習、リフレクティングの体験

2.家族面談におけるオープンダイアローグ
講義:振り返り・オープンダイアローグによる家族面談
演習:オープンダイアローグを用いた家族支援ミーティング

対象:オープンダイアローグに興味関心のある看護保健福祉職者
定員:20名
受講料:2,000円

心不全、呼吸不全、脳血管疾患の検査結果の見方・読み方と病態 (全3回)

看護学研究科教授 薊 隆文

【第1回】10月17日(木曜日)午後6時30分~午後8時30分
・「心不全」の検査所見とその見方・読み方

【第2回】10月24日(木曜日)午後6時30分~午後8時30分
・「呼吸不全」の検査所見とその見方・読み方

【第3回】10月31日(木曜日)午後6時30分~午後8時30分
・「脳血管疾患」の検査所見とその見方・読み方

対象:急性期疾患に興味関心のある看護職者
定員:20名
受講料:3,000円

患者急変対応「何か変、と思ったとき...」

市立大学病院救急看護・集中ケア認定看護師
清水 真名美、加藤 紀子、寺澤 涼子、岩田 麻衣子、稲尾 景子

●11月9日(土曜日)午前9時30分~午後4時30分(昼食休憩1時間)
・急変時に必要な観察方法や報告の方法(講義・演習)
(演習を行いますので、動きやすい服装でご参加ください。)

対象:患者が急変した時に対応できる能力を身につけたい看護職者
定員:20名
受講料:3,000円

ラップ(元気回復行動プラン:WRAP®)体験クラスワークショップ

看護学研究科講師 小川 雅代、市立大学病院精神看護専門看護師 田端 恭兵

●11月16日(土曜日)午後1時~5時
・ワークショップ
前半:講義(ラップの概要・実践について)
後半:ラップクラス体験

対象:ラップやリカバリーに関心のある医療福祉職者
定員:20名
受講料:2,000円

開催場所 桜山(川澄)キャンパス 看護学部棟、西棟
応募方法

下記の看護学研究科ウェブサイトから応募用紙記入の上、メールで添付いただくかFAXで受け付けします。(定員を超えた場合は先着順になります。)

応募締切

2019年9月18日(水曜日)

備考

詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。

「なごや看護生涯学習セミナー」ウェブページ

申込・問合せ 看護学研究科 看護実践研究センター
〒467-8601名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
TEL・FAX:052-853-8042(直通)
E-mail:n.center[at]med.nagoya-cu.ac.jp
(スパム対策のため、@マークが[at]になっていますから、@(半角)に書き換えてください。)
イベント・公開講座TOPへ