グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



採用情報

ホーム >  採用情報 >  事務固有(正規)職員 >  よくある質問

よくある質問



受験資格・申込について

Q. 短大を卒業しましたが、受験できますか。

-answer-
受験資格は、案内のとおり、学歴を問いません。ただし、新卒・第二新卒区分の試験で実施する教養試験は、大学卒業程度の内容で実施します。

Q. 昨年度の実施状況を教えてください。

-answer-
【令和元年度実施】
令和元年度から事務職員の採用試験を「新卒・第二新卒区分」と「職務経験者区分」とに分けて実施しております。
試験区分 新卒・第二新卒区分 職務経験者区分
申込者数 78 184
受験者数 66 159
一次合格者数 31 76
二次合格者数 16 14
採用(内定)者数 7 7
【平成30年度実施】
試験区分 事務一般
申込者数 262
受験者数 217
一次合格者数 89
二次合格者数 20
採用(内定)者数 12

Q. 40歳を超えているのですが、受験できませんか。

-answer-
受験していただくことは、できません。申し訳ありませんが、今回の受験資格は、昭和56年4月2日以降に生まれた方です。

Q. 試験区分について教えてください。

-answer-
試験区分を【新卒・第二新卒】と【職務経験者】に分けて実施します。

【新卒・第二新卒】の区分は、職務経験が通算3年以下の方が対象です。
【職務経験者】の区分は、職務経験が通算3年を超える方が対象です。
  • 職務経験には、会社員、自営業者、公務員等として、週あたり30時間以上の勤務を1年以上継続していた期間(アルバイト・パート勤務は除く)が通算可能です。
  • アルバイト・パート勤務は、大学生である期間に従事するアルバイトとしての勤務期間や、1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者に比べて短く、主に時給により給与の支給がなされているパートタイム職員としての勤務期間等を指します。
ご不明な点がありましたら、総務課人事係(052-853-8062)あてお問い合わせください。

合格後の流れについて

Q. 配属先の希望は聞いてもらえますか。

-answer-
名古屋市立大学には、以下のように様々な部署があります。みなさんの志望動機、経歴、所持している資格や面接結果等を参考に、全学の人事計画に基づいて決定します。また採用後に適性を考慮した上での、人事異動があります。

<主な部署>
  • 学生課、教務企画室、学部事務室など学生さんの対応をメインとする部署
  • 附属病院の部署(医療職のサポート、病院経営、医事業務や患者さん対応)
  • 学術課など研究支援を行う部署
  • 総務課、企画広報課、財務課などの管理運営を担う部署
  • 図書館、総合情報センター

Q. 合格後、採用前に職場を案内してもらったり、懇親会が開かれたりすることはありますか。

-answer-
次年度の4月1日入職の採用内定者の方を対象に、12月に「内定者懇親会」を開催しています。
懇親会の場には先輩職員も参加しますので、仕事内容や職場の雰囲気などを直接お聞きいただけます。

採用後の身分・給与・福利厚生について

Q. 地方公務員ですか。

-answer-
名古屋市立大学は、平成18年4月より公立大学法人化をしておりますので、採用後は公立大学法人名古屋市立大学の職員となります。名古屋市役所等への異動はありません。

Q. 健康保険など福利厚生面について教えてください。

-answer-
公立学校共済組合、雇用保険に加入します。また独自で行っている厚生会に加入します。

Q. 残業はありますか。

-answer-
職場により忙しい時期やその度合いが異なります。忙しい時期には、みんなで協力し合って業務に対応しています。

Q. 夏休みや年末年始などの特別なお休みはありますか。

-answer-
カレンダーどおりの休日、年末年始はお休みです。また昨年度は、年次休暇とは別に夏季休暇が5日付与されました。

Q. 通勤手当はいくら支給されますか。

-answer-
最も経済的かつ合理的な経路に基づいた金額を規程に基づいて支給します。(上限 月額55,000円)

Q. ボーナスはありますか。

-answer-
あります。本学では、ボーナス(賞与)のことを、期末、勤勉手当と呼んでいます。昨年度実績で4.45ヶ月分です。(ただし、1年目は在職期間に応じて支給されます。)

Q. 初任給はいくらですか。

-answer-
大学卒以上で211,000円(地域手当を含む。)です。年齢、採用前の経歴等により加算される場合があります。