名古屋市立大学 大学院薬学研究科・薬学部

Topics

許鑫さん(生薬学分野)が、The 19th International Congress of Oriental Medicine において、Poster Awardを受賞しました。

[最終更新日付:2018.11.27]

平成30年11月24日~26日に台北(台湾)で開催された、The 19th International Congress of Oriental Medicine(第19回国際東洋医学会)において、博士前期課程1年の許鑫さん(生薬学分野)がポスター発表を行い、Poster Awardを受賞しました。

また、牧野教授のポスターもAwardを受賞しました。

Xin Xu, Misato Ota, Yoshiaki Tabuchi, Shao-Qing Cai, Toshiaki Makino
Mechanisms of Honey-processing (蜜炙) in Traditional Chinese Medicine: Its Inducible Effects on G-CSF Secretion from Cultured Intestinal Cells.

Kan'ichiro Ishiuchi, Osamu Morinaga, Takeshi Ohkita, Chuanting Tian, Asuka Hirasawa, Miaki Mitamura, Yasuhito Maki, Tomoya Yasujima, Hiroaki Yuasa, Takao Namiki, Kiyoshi Minamizawa, Toshiaki Makino
18β-glycyrrhetyl-3-O-sulfate would be a causative agent in licorice-induced pseudoaldosteronism