グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



薬品合成化学


スタッフ

中村 精一
[教授]

秋山 敏毅
[助教]

教育・研究

  • 特異な構造様式を持つ生物活性物質の全合成研究
  • 生物活性天然物を基盤とする創薬研究
  • 新規分子骨格構築法の開発
  • 高選択的合成反応の開発

研究概要

私たちは有機合成化学を通して創薬に寄与することを目指し、生物活性化合物の合成研究ならびに新規分子骨格構築法の開発に取り組んでいます。

1)生物活性物質の全合成研究

自然界から得られる化合物の中には特異な構造様式および多彩な官能基群を持つものが多数存在します。また、微量しか得られないため、生物活性が明確でないものもあります。私たちは構造活性相関研究への展開を念頭に置き、必要に応じて新たな合成手法を開発しながら生物活性天然物の全合成研究を進めています。

2)不斉合成法の開発

多種多様な構造を持つ化合物を効率的に合成するためには、既存の方法だけでは十分とはいえません。また、時代の要請もあり、環境問題も意識せざるをえなくなっています。私たちは実用的かつ大量合成に適用可能な新しい合成反応の開発にも取り組んでいます。

図1 これまでに全合成を達成した化合物の例

図1 これまでに全合成を達成した化合物の例

連絡先

〒467-8603 名古屋市瑞穂区田辺通3-1
名古屋市立大学 大学院薬学研究科 創薬生命科学専攻
薬品合成化学分野

E-mail:nakamura<at>phar.nagoya-cu.ac.jp
TEL:052-836-3439

薬学研究科広報委員会