名古屋市立大学 大学院看護学研究科・看護学部

看護実践研究センター

なごや看護生涯学習セミナー 開催報告

   一覧へ   

平成28年度 急性期の輸液について学ぶ 開催報告

[掲載日:2016年11月09日]

開催概要
題名 急性期の輸液について学ぶ
講師 薊隆文先生 (名古屋市立大学看護学部教授)
日時 平成28年10月7日(金)、10月14日(金)、10月28日(金) 18時30分~ 20時30分
会場 名古屋市立大学看護学部
参加者数 10月7日 11名 , 10月14日 12名 , 10月28日 10名
参加費 3,000円
主催 名古屋市立大学看護学部看護実践研究センター
実施報告

臨床に役立つ急性期の輸液と題して、本学の薊隆文教授に3回に分けて講義をしていただきました。初回は体液・浸透圧・電解質、2回目は血液の酸塩基平衡と輸液のモニター、3回目は急性期における輸液の実際について、それぞれ丁寧に解説をしていただき、知識を深めることのできたセミナーとなりました。受講生の皆さんは熱心に取り組まれておりましたので、是非、臨床実践に活かして頂きたいと思います。

受講者の感想(講演会終了後アンケートより)
  • もっと時間に余裕をもって全部しっかり聞きたい。
  • 電解質やモルなどもともと苦手な分野なのでとても難しかったが、とてもおもしろかった。

  • 難しかったが、大変有意義だった。

  • 医師と輸液について、これまで以上に相談や報告ができそうであると考え、そのようにしていきたいと思った。