名古屋市立大学 大学院医学研究科・医学部

文字サイズ

学部・大学院

医学部 3ポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

求める学生像

一般入試

医学・医療への使命感と倫理観、幅広い知識と向学心を持ち、他の医療従事者と協調してリーダーシップを発揮し、患者さんのための医療ができる国際的視野を持った学生を求めます。

  • 医学・医療への使命感と倫理観をもった人
  • 幅広い科目の学力と向学心を備えている人
  • 自分を律し、患者さんを思いやれる人
  • 協調性をもちリーダーシップを発揮できる人
  • 国際的な視野を持てる人
推薦入試B

基礎、臨床、社会医学を問わず創造性豊かな探究心を持ち、将来、指導的な立場で活動し、医師または研究者として国際的視野で医学・医療の発展に貢献する意欲のある学生を求めます。

  • 人間性豊かな人
  • 創造性豊かな探求心を持った人
  • 基礎、臨床、社会医学を問わず医学や科学の課題に挑戦できる人
  • 名古屋から世界への発信ができる人
  • 将来、指導的な立場に立って医師・研究者として本学の発展に貢献する強い意志のある人
地域枠推薦入試

人間性豊かで、自然科学だけでなく社会や文化に関する幅広い知識を持ち、将来、医学・医療の分野において地域社会に貢献する意欲のある学生を求めます。

  • 豊かな人間性を持ち、医学・医療の発展に生涯を捧げる意志と知的探求心を持ち続けられる人
  • 愛知県の地域医療に貢献するという強い意志と使命感を持った人
  • 自然科学とともに社会や文化に関する幅広い基礎学力を備えた人
  • 自分の行動の結果への責任感と他人を思いやる気持ちを備えた人
  • 高い倫理観を持ち、リーダーシップと協調性、コミュニケーション能力に優れた人
  • 国際的な視野を持ち、かつ地域の患者さんや社会のために着実な活動のできる人

修得しておくべき知識等の内容・水準

  • 基礎医学を学習する上での基盤となる理科、数学、語学の基礎学力
  • 文章の読解、考えの口頭および文章での表現、円滑なコミュニケーションのための十分な国語力と英語力
  • 人間理解の基盤となる社会、経済、文化、芸術、思想など多様な領域に対する向学心と素養
  • 自ら学習課題を見出し解決できる意欲と行動力

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

ディプロマポリシーで示した医師としての能力の以下の4領域

  • I 科学者としての医師
  • II 臨床家としての医師
  • III 社会における医師
  • IV プロフェッショナルとしての医師

を各学年で巡回しつつ学修します。これにより、各領域の能力をバランス良く徐々に高め、学修目標を達成します。

1年次では、領域Iとして豊かな人間性の陶冶と幅広い教養を身につけるため、教養教育科目および専門科目としての医学入門を通じて科学としての医学を学ぶための基礎を形成します。領域IIとして医薬看連携地域参加型学習を通じ医療者としての基本技能を修得するとともに、医学情報学の学修により必要な情報処理能力を修得します。領域IIIとして医薬看連携地域参加型学習を通じ地域医療での課題解決をテーマとする学修を行います。領域IVとして一般教養科目及び医学入門を通じて医師に相応しい素養を養います。

2~3年次では、領域Iとして基礎医学、臨床基礎医学を学びます。さらに3年次の基礎自主研修を通じて、医師に求められる科学者としての堅実な基盤と広い視野を形成します。また、医学英語を学び、科学者としての研究能力に必要な英語力を修得します。領域IIとして救急救命処置を学修します。領域IIIとして法医学、コミュニティ・ヘルスケアを学ぶと共に、社会医学領域の実践的な活動を経験します。領域IVとして医学・医療倫理を学修します。

3年次後半から4年次では、領域Iとして臨床医学を学び、基本的な医学知識を診療活動に参加できるレベルまで高めます。領域IIとして基本医療技能をさらに高め、医療系大学間共用試験(CBT、OSCE)により診療実習に参加できるレベルを担保します。領域IIIとして社会医学を学び、社会と医学との関わりを理解します。領域IVとして医学・医療の様々な側面の学修を通じ、医師に求められる姿勢や態度を学びます。

4年次後半から5年、6年次では、すべての診療科における診療参加型臨床実習および社会医学実習、選択制の診療参加型臨床実習を行います。これらの実践を通じ、領域I~IVの能力をディプロマポリシーが求めるレベルまで総合的に高めます。

実践

PBL・TBLなどのアクティブ・ラーニング方式を導入し、学生の主体的な学修を促します。

4年次後半から6年次では、学生が診療チームに参加し、その一員として診療業務を分担しながら、医師としての職業的な知識・思考法・技能・態度の基本的な内容を学修する診療参加型臨床実習を行います。

成績評価

学修成果の評価について、各科目の到達目標、成績評価の方法はシラバスにおいて明示します。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

学士課程共通

名古屋市立大学では、市民によって支えられる市民のための大学として、地域社会や国際社会の発展に貢献し、社会全体の幸福の実現や持続可能な社会の構築に資する優れた人材を育成するという教育上の目的に鑑み、個性を認識し自らの立場を自覚したうえで人生の様々な局面において自ら活路を見出すための思考基盤となる教養を修得し、次世代をリードできる優れたバランス感覚と上質かつ豊かな感性で社会と向き合う力を身につけ、所定の単位を修得し、所定の要件を満たした学生に対し、卒業を認定し、学位を授与します。

医学部

医学部では、人間味にあふれ、深い医学知識と技術を備えた医師を養成するという教育上の目的に鑑み、以下の能力を有すると認められた者に対し、卒業を認定し、学士(医学)の学位を授与します。

本学医学部学生が卒業時点において身につけているべき能力を4領域に分けて示す。

1 科学者としての医師
  • ヒトの正常な構造、機能、行動および疾病の病因・病態を理解、研究し、医学の発展に貢献することができる。
  • 臨床データや文献等の情報を吟味し、その妥当性や適用の有無を決定することができる。
  • 重要な医学的知見や医療情報を、さまざまな立場の人に対し適切に説明、発表することができる。
  • 科学的知識や科学的理解の限界を認識し、全ての科学的知見は常に更新される性質のものであることを理解できる。
2 臨床家としての医師
  • 患者・医師関係の意義を理解し、良好な関係を築くことができる。
  • 医療面接や系統的な身体診察によって臨床所見や兆候を捉え、それらを解釈し、適切な検査や治療法を選択できる 。
  • 基本的な臨床手技を行うことができる。
  • 医療情報の記録、管理を適切に行うことができる。
  • 医療における安全性を理解し、適切な危機管理ができる。
3 社会における医師
  • 様々な生活環境や国および世界の健康、疾病の動向を評価し、対処できる。
  • 個人および集団の健康を規定する因子を考察し、健康増進、疾病予防の方策を立案できる。
  • 保健、医療、福祉に関する法や制度を社会的動向の中で理解し、活用することができる。
  • 多職種連携による地域包括ケアシステムの構築に貢献できる。
4 プロフェッショナルとしての医師
  • プロフェッショナルとして人間愛と倫理性に溢れ、かつ冷静な行動をとることができる。
  • 多職種と協調して行動し、必要な時にリーダーシップを発揮することができる。
  • 自分の身体的、精神的状況を把握し、ストレスに適切に対応して、必要な時には率直に支援を求めることができる。
  • 継続的に自身の医学知識、医療技術の向上に務めることができる。