グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



国際交流・留学

ホーム >  国際交流・留学 >  在学生の方へ >  留学の準備 >  協定校への留学の手続き

協定校への留学の手続き


協定校への派遣が内定している学生は、以下のように学内で手続きを行ってください。渡航前にスムーズに派遣手続きを進めるため、提出書類は期日までに必ず提出をしてください。

留学前

  1. 留学の申請書類・「誓約書」を学生課国際交流係へ提出
    留学希望者は申請書類と併せて、「誓約書」を学生課国際交流係へ提出します。
  2. 留学派遣候補者選定結果の連絡受領・「留学願」の作成
    選考結果を受領したら、すみやかに「留学願」を作成します。
  3. 指導教員との面談・履修相談の予約
  4. 留学中の履修科目の単位認定の相談
    留学中に履修した科目の単位認定を希望する場合は、事前に認定手続きについて学部等事務室で確認をしてください。
  5. 指導教員との面談、「留学願」への押印
    「留学願」を持参し、面談をします。
    面談では、留学先・派遣期間等を報告するとともに、留学中や帰国後に履修すべき科目などを相談します。面談が終わったら、指導教員承認欄に押印をもらいます。
  6. 「留学願」を期日までに学部等事務室へ提出
  7. 「派遣学生決定通知書」、「奨学金申請書類」の受領
    提出された「留学願」について教授会にて審議され、承認後、大学内で正式に留学派遣学生としての決定をします。学部等事務室から連絡を受けたら、すみやかに「派遣学生決定通知書」と「奨学金申請書類」を学部等事務室に行き、受け取ります。
    ※協定校へ派遣される学生は、名古屋市立大学後援会から奨学金の支援を受けることができます。
  8. 「奨学金申請書類」の作成、期日までに学部等事務室へ提出
    手続きについては以下をご覧ください。
    奨学金(海外留学関係)
  9. 海外渡航時連絡先等(緊急連絡先)を学部等事務室に提出
    「実習・協定派遣緊急連絡先届」を遅くとも出国2週間前までに提出します。

留学中

「旅行届」を学生課国際交流係へ提出
派遣期間中に旅行等の理由で派遣地を離れる際には、出発の1週間前までに「旅行届」を学生課国際交流係へ提出します。

留学終了後

  1. 帰国後に「留学終了報告書」の作成
    帰国後すみやかに「留学終了報告書」をダウンロードして作成します。
  2. 指導教員との面談の予約をします。
  3. 指導教員との面談、「留学終了報告書」への押印
    「留学終了報告書」を持参し、面談をします。 面談では、帰国の報告をするとともに、留学中に履修した科目や今後履修する科目などを相談します。面談が終わったら、指導教員承認欄に押印をもらいます。
  4. 「留学終了報告書」、「奨学金に関する報告書」及び「派遣感想文(400字から800字、書式自由)」を期日までに学部等事務室に提出
    「留学終了報告書」は帰国後2週間以内、「奨学金に関する報告書」および「派遣感想文」は帰国後10日以内が提出期限です。 「奨学金に関する報告書」および「派遣感想文」の手続きについては以下を参考にしてください。
    奨学金(海外留学関係)

留学単位認定の手続きについて

  1. 以下の「単位認定に関する必要書類」を作成し、学部等事務室に提出
    ・単位認定申請書(各学部・研究科が定める様式のため、学部等事務室に問合せてください)
    ・留学先の成績証明書
    ・認定を希望する授業科目のシラバス
    ・留学先大学の学年歴(授業の開始と終了、試験期間・休暇期間を示す種類)
    ・科目スケジュール(留学先で履修した科目の時間数―1科目あたりの総時間数、授業の曜日・時限を示す書類)
  2. 書類を提出後、教授会にて審議され、承認後、学部等事務室から単位認定結果が通知されます。

ダウンロード

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。