名古屋市立大学 大学院人間文化研究科・人文社会学部

人間文化研究所

サイエンスカフェ

【開催報告2018年10月27日】サイエンスカフェ 松本佐保教授 「イタリアの魅力:食とファッションを中心に」

[2018年09月04日]
第86回 Human & Social サイエンスカフェ
日時:2018年10月27日(土)15:00~17:00
講師:松本佐保教授(人間文化研究所 所長)
テーマ:ヨーロッパの文化 part1「イタリアの魅力:食とファッションを中心に
内容:
トスカーナやローマ料理とワイン、イタリア北部のグルメからファッションと産業の三角地帯まで、その文化的・歴史的背景について説明します。
参加記:
イタリアという国名を聞いて何が頭に浮かぶだろうか。地方色豊かなイタリア料理を思い浮かべる人も少なくないだろう。あるいはグッチ、プラダ、アルマーニ等、高級ファッションブランドかもしれない。今回の講座はそんなイタリアの魅力の秘密を探るものである。
イタリアの美的センスはルネサンス時代から培われてきたものであると講師の松本教授は語る。しかし、伝統のみで終わらないのがイタリアン・ブランドの成功の秘訣だそうだ。高級ブランドといえばオーダー・メイドが主流であった時代にいち早く高級既製服に目をつけたり、よりカジュアルなスタイルまで選択の幅を広げたり。そしてそのイメージがメディアによって広められることによってイタリアン・ブランドは世界に君臨するようになった。
今では世界的に有名となったイタリアの高級ブランドの多くはローカルな中小企業からスタートしたとのことだ。イタリアの工芸も日本と同じく後継者不足に悩んでいるそうだが、それでもその魅力に惹きつけられる外国人も少なくなく、彼らを積極的に受け入れているそうだ。後継者不足に悩む日本の地域産業の今後を考える上でも、多くのヒントを与えてくれる講座となった。
人文社会学部在籍 小沢史門
定員:30名(申し込み順)
参加費:1,000円(スイーツ+ドリンク)
会場:「はにかむ食堂」ハニカム食堂
名古屋市立大学 桜山キャンパス内 厚生会館東棟1階(地下鉄桜通線「桜山」駅下車 3番出口徒歩5分
会場の様子
講演する松本先生(左)と会場の様子(右)