グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



名古屋市立大学データサイエンス学部(仮称)設置構想中!

ホーム >  名古屋市立大学データサイエンス学部(仮称)設置構想中!

名古屋市立大学データサイエンス学部(仮称)設置構想中!


社会の諸問題を解決する術をデータから見つけよう!
※設置計画(令和5年4月開設)は予定であり、内容に変更があり得ますのでご承知ください。
今後、随時情報を更新いたしますので、是非ご覧ください。

データサイエンスとは

私たちが目指す未来社会Society5.0では、インターネットを通じて全ての人とモノがつながり(IoT)、膨大なデータが蓄積されます。このビックデータを科学的に分析し、社会課題を解決できる人材は、製造業、サービス業、ビジネス、医療、行政などあらゆる分野で必要になります。データサイエンスは、Society5.0時代になくてはならない学問です。

概要

・学部名称及び構成する学科:データサイエンス学部(仮称) データサイエンス学科(仮称)
・設置時期:令和5年4月
・入学定員:1学年80名(予定)

DSの必要性

スマートフォンの普及やIоTの進展などによって膨大な量のデータが蓄積され、それを活用し価値を創造できる人材の育成が課題になっています。また、経済団体や企業等からも、DSを含めたIT人材の育成や人材を育成する体制の整備が望まれています。
本学では7学部・研究科において、ICTやデータを「活用」する分野を多く有しています。そのため、全学部・研究科が協力して、DSに関する教育及び研究を体系的・専門的に実施する体制を整備することで、ニーズに即した人材を育成し、地域社会の発展に貢献するとともに、市立大学のDS教育全体の水準を高めながら、他の学部とも連携した横断的な教育を行うことで、各学部の教育及び研究内容の充実にもつながり、総合大学としての市立大学全体の魅力向上に寄与できるものと考えております。
実践的なDS力を“分野横断的で多彩な学び”の中で磨くことで、DS学部(仮称)の学生にとっても大きな魅力になると考えています。

データサイエンス学部の画像

名古屋市立大学データサイエンス学部の特徴

本学部では、IT、ビジネス、医療など社会における情報技術やデータ活用に関する様々な事象や課題に興味と関心を持ち、社会に存在する膨大なデータの収集、管理、分析、考察のために必要となる統計学、数学及び情報科学の体系的な知識と技術を習得したうえで、事象を客観的に実証分析し、社会課題の解決策の立案に実践的に取組む能力を身に付けた人材を養成します。

本学の目指すDS学部(仮称)の教育研究目標・人材養成目標(案)

本学ではDS学部(仮称)設置に向けて以下の教育研究目標・人材養成目標を考えています。

DS学部(仮称)の教育研究目標

多様な分野のビッグデータを社会課題の解決に活用するため、データ分析や社会理解に資する理論、活用分野の知識、データ分析・分析手法にかかわる知識や技術の習得、さらにデータを活用したPBLなどの演習や卒業研究などを通じて、社会においてデータサイエンスを活用する実践的な能力を養成することを目指します。

DS学部(仮称)の人材養成目標

統計学や情報科学を横断的に活用し、実社会における膨大なデータから有益かつ新たな知見を引き出すことを通じて、社会と地域における諸課題の解決に取り組み、社会の発展に貢献できる人材を目指します。

履修モデル

本学部には3つの履修モデルがあり、それぞれの分野に関連したデータサイエンスを学ぶことが出来ます。
<IT系>
統計や情報科学、情報処理技術、AIの基礎から応用を学び、IT関連企業だけでなく、製造業やサービス業など幅広い業界で、データの科学的分析に基づく調査・企画やシステム開発に関わる人材を養成します。
<ビジネス系>
ミクロ経済学、マクロ経済学、公共政策、経営学、マーケティング、ファイナンス等の基礎やデータとの関わりについて学び、ビジネスや公共政策などの分野で活躍できる人材を養成します。
<医療系>
保健・医療統計や公衆衛生、レギュラトリーサイエンスなど、データサイエンスと関わりの深い分野を学び、医療機関でのデータ管理や分析、医療行政に関わる人材を養成します。

卒業後の進路

本学部のカリキュラムに沿ってデータ分析・活用能力を身に付けることにより、例えば次のような業種への進路が想定されます。
・IT産業でのシステム開発者・システムエンジニア・AIエンジニア
・金融業、製造業、商業、サービス業等における調査・企画担当者
・行政、シンクタンクなどにおける政策・戦略立案者
・医療情報の情報管理・分析担当者
・大学院進学

目指せる資格

・統計検定
・情報処理技術者試験(ITパスポート、基本情報技術者)