公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

図書館の利用

学術機関リポジトリについて

概要

名古屋市立大学の学術機関リポジトリとは、名古屋市立大学の教育研究成果を収集、電子的形態で保存・蓄積し、学内外に無償で発信・提供するシステムのことです。

このシステムに登録する教育研究成果を充実させることは、本学の学術研究の発展に資するとともに、研究機関としての社会への貢献を果たしていくことにもつながりますので、本学の教育研究成果の積極的な登録にご協力をお願いいたします。

本学学術機関リポジトリ

名古屋市立大学学術機関リポジトリ

検索時の注意
  1. 全文検索
    本文内容の全文を対象に検索します。
  2. キーワード検索
    タイトル、著者名などのデータ項目を検索します。
  3. タイトル、著者名などのデータ項目でしぼりこんで検索したい場合は、詳細検索を開いて検索してください。
  4. 著者名で検索する時は、必ず、姓と名の間に、スペースを入れてください。
    キーワード検索、全文検索とも、スペースを入れないと正しくヒットしません。

学術機関リポジトリの登録

登録できるもの
  • 紀要
  • 博士学位論文
  • 学術論文(紀要以外の学術雑誌に掲載されたもの)
  • その他教育資料(講義資料、講演資料等)や研究報告など
登録する成果物についての留意点
  • 本学の教職員および学生(過去に在籍した者も含む)が作成し、又は作成に関与した学術成果であること。
  • 知的財産権に係る法令や商業出版社との契約条項に抵触しないもの、または倫理上の問題などが生じないもの。
登録の流れ

教育研究成果の登録は、種類によって、次の図のような流れで行います。

学内紀要の場合は、紀要を総合情報センターに提出。博士論文で公表可の場合は、博士学位論文公開依頼書、学位論文全文、必要な場合は共著者の許諾書を各学部事務室を通じて総合情報センターに提出。博士論文で公表不可の場合は、博士学位論文公開依頼書(留保)、学位論文全文(印刷体、PDF)、論文の内容を要約したものを各学部事務室を通じて提出。学術論文等の場合は、登録申請及び利用許諾書を総合情報センターに提出。いずれも総合情報センターにて機関リポジトリに登録。

登録手続きについて

本学学術機関リポジトリへの登録手続については、次の運用要綱をご覧ください。

運用要綱

名古屋市立大学学術機関リポジトリ運用要綱(PDF 155.4 KB)

様式
  1. 学術機関リポジトリ登録申請及び利用許諾書(WORD 49.0 KB)
  2. 学術機関リポジトリ登録コンテンツ差替・削除依頼書(WORD 40.5 KB)
博士学位論文の登録について

博士学位論文を登録する手続きについては、学位授与者の方へのページをご参照ください。

学位授与者の方へ

他機関の学術機関リポジトリについて