グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  芸術工学部 >  ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー


芸術工学部では、「技術」「感性」「人間理解」を軸に幅広い視野と教養、創造性豊かで高度な知識と技術を身につけ、デザインの理論と実践を通じ持続可能な地域社会および国際社会に貢献できる人材を育成するという教育上の目的に鑑み、以下の能力を有すると認められた者に対し、卒業を認定し、学士(芸術工学)の学位を授与します。

1. 知識・理解

現代社会の諸課題を希望と共感のもてるデザインで解決するための「技術」「感性」「人間理解」を軸とした幅広い視野と教養を身につけている。

芸術工学の特色である芸術と工学を融合する学際性と、理論に裏付けられた実践性を理解する能力を身につけている。

2. 汎用的技能

芸術の持つ感性と工学で培われた技術を身につけ、芸術工学の理念である人間中心の考え方ができる総合デザイナーを目指す技能を有している。

3. 態度・志向性

人々が安心して真に豊かな文化的生活を享受するために必要な人間理解に基づく行動ができる。

4. 統合的な学修経験と創造的思考力

構想(Design)から構築(Architecture)までの調和のとれたデザインに関する理論を考え、実践する能力を身につけている。