公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

東日本大震災への対応

東日本大震災で被災された皆様へ

このたびの東日本大震災により、お亡くなりになられた方ならびにご家族の皆さまには心から哀悼の意を表します。また、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
名古屋市立大学では、現在、医療救護班の派遣、義援金の募集などを行っており、今後もできうる限りの復興支援を行ってまいります。

名古屋市立大学における支援活動

名古屋市立大学では、次のような支援活動を行っております。

教職員の派遣等
医療救護班の派遣
  • 仙台市宮城野区へ派遣
第1次
平成23年3月21日から25日まで(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務2名)
第2次
平成23年3月24日から28日まで(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務2名)
第3次
平成23年3月30日から4月3日まで(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)
第4次
平成23年4月5日から4月9日まで(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)
第5次
平成23年4月11日から4月15日まで(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務1名)
※名古屋市民病院からも別途派遣

医療救護班の派遣(仙台市宮城野区へ派遣)

医師の派遣
  • 福島県立医科大学附属病院へ、麻酔科医師を派遣
    [平成23年6月19日~12月10日]
  • 岩手県立釜石病院へ、泌尿器科医師を派遣
    [平成23年10月28日~11月11日] [平成24年1月6日~20日]
  • 北茨城市立総合病院へ、循環器内科医師を派遣
    [平成24年4月13日~4月27日]
  • 岩手県立高田病院へ、整形外科医を派遣
    [平成24年10月8日~10月13日]
職員健康管理の支援
  • 陸前高田市職員及び名古屋市派遣職員の健康管理を支援するため、名古屋市病院局と共同して、陸前高田市職員の健康診断や名古屋市職員の健康チェックを行う職員健康サポートチームを派遣
    [平成23年7月25日~29日] 医師、看護師、臨床検査技師、事務
診療放射線技師の派遣
  • 福島第一原発敷地内診療所において、敷地内で働く作業員が病気やケガで搬送されてきた場合の放射線物質による汚染の有無の確認や診療所内の放射線環境の管理を行う診療放射線技師の派遣
    [平成23年9月24日~26日] [平成24年1月17日~19日]
看護師の派遣
  • 福島第一原発敷地内診療所において、傷病者の看護及び医師の診療の介助や診療環境の整備を行う看護師の派遣
    [平成24年1月6日~9日]
  • 岩手県立高田病院において、外来業務、病棟業務、訪問診療等について支援し、あわせて、同病院側作成のプログラムにより、被災地医療を学ぶための派遣
    [平成24年9月6日~12月7日(概ね2週間交代で順次派遣)]
被災された患者様の受入れ
  • 市立大学病院において、関係機関からの要請に基づき被災された患者様を受入れ(現時点では要請なし)
被災地中学生招待事業への参画

陸前高田市の中学生を本市へ招待し、親睦を深める事業へ参画

  • 一定の資格(HPS(ホスピタル・プレイ・スペシャリスト):病院に入院している子ども達の心の支援を、主に遊びを通して行う専門家)を有する看護師が全行程に随行
  • 中学生による医師・看護師・薬剤師の就労体験を実施
教職員・学生による義援金
  • 大学による義援金は、日本赤十字社へ寄付させていただきました。
  • 学生による義援金は、日本赤十字社・東北大学病院・愛知県災害対策室へ寄付させていただきました。
学生・受験生に対する支援
本学の学生に対する支援

東日本大震災に伴う学生のボランティア活動に関する対応について(PDF 138.6 KB)

授業料の減免についてはこちらへ

受験生の皆様に対する支援

【平成25年度入試対応】

看護学部の入学試験における陸前高田市特別枠の新設

○内容等
(1) 学部・学科名
看護学部看護学科
(2) 受け入れ人数
2名
※現在の入学定員80名を、特別枠の設置によって、82名とするものです。
(3) 対象者
出願時に岩手県陸前高田市の区域内に住所を有することを住民票により証明できる者、又は出願時に
陸前高田市の区域内に住所を有していないが、東日本大震災の発生時(平成23年3月11日)に陸前高
田市の区域内に住民登録を有していたことを証明できる者で、陸前高田市、大船渡市及び気仙郡住田
町(岩手県気仙地区)内の高等学校を平成20年3月以降に卒業又は平成25年3月に卒業見込みの者
で、本学看護学部への入学を強く希望するもの。

○実施期間
平成25年度入試より5年間(平成29年度入試まで)

○受け入れ学生に対する本学のその他支援
入学検定料・入学料及び授業料(授業料については最大4年分まで)ともに免除します。

【平成24年度入試対応】

  • 入学料について、本人・保護者の家屋被害の程度に応じて全額又は半額減免
  • 授業料について、減免の基準(成績・収入)を緩和

【平成23年度入試対応】

  • 後期日程入試を受験できなかった方に対する特別措置
  • 入学手続きができない方に対する特別措置
  • 入学料について、本人・保護者の家屋被害の程度に応じて全額又は半額減免
  • 授業料について、減免の基準(成績・収入)を緩和
他大学の学生に対する支援

【平成23年度対応】

  • 東海地方に避難してきた学生を科目等履修生として受入れ(入学料、授業料等は免除)