公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

産学官連携

主な技術シーズ ライフサイエンス

酵素系および細胞系SIRT活性検出プローブ

2016年9月 7日

キーワード 蛍光プローブ、阻害剤スクリーニング、蛍光イメージング
研究概要 エピジェネティクス制御酵素の1種であるSIRTの活性を迅速に発蛍光検出する新規プローブを開発した。SIRT活性のうち長鎖型アシル基を加水分解する活性に依存したプローブでこれまでの活性プローブとは異なる活性を検出でき、細胞系用プローブは、培養細胞内でSIRT活性の検出が可能な(現時点で)唯一の発蛍光プローブである。SIRTが関わる発癌・神経機能調節などエピジェネティクス研究用化合物のスクリーニングに利用可能である。
特徴と強み ・SIRT活性制御化合物のスクリーニング(酵素系・細胞系)
・SIRTアイソザイム選択性の向上
高感度な酵素系スクリーニング用プローブと、生細胞応用可能なイメージングプローブを開発しました。酵素系プローブはHTSが可能です。
所属 薬学研究科 薬化学分野
補職 助教
氏名 川口 充康

名古屋市立大学 大学院薬学研究科 薬化学分野

酵素系および細胞系SIRT活性検出プローブ(PDF 510.7 KB)

主な技術シーズTOPへ