公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

産学官連携

主な技術シーズ 経済・経営

自然災害と経済学

2016年11月14日

キーワード 自然災害、経済成長、経済発展
研究概要 現在、自然災害は日本のみならず世界中に多大な影響を与えています。自然災害は「台風」や「洪水」などの気候的災害や「地震」や「津波」、「噴火」などの地質的災害など様々な種類がありますが、これらの自然災害は私たちの経済・社会にどのような影響を与えるのでしょうか。また、どのような経済・社会が自然災害からの被害を軽減させるのでしょうか。これらについて、世界各国のデータを用いて、研究しています。
特徴と強み 日本は、世界において自然災害が最も多い国の一つです。そのような日本での体験・経験に基づき、日本だけでなく世界各国のデータを分析に用いることで、自然災害が私たちの経済・社会に与える普遍的な影響の研究成果を世界に発信したいと考えています。

自然災害が「政府の行動、効率」にどのような影響を与えるのかを分析し、減災政策に効果的な政策を更に模索していきたいです。
所属 経済学研究科 経済学専攻
補職 教授
氏名 外谷 英樹

名古屋市立大学大学院経済学研究科 経済学部(外谷 英樹教授)

自然災害と経済学(PDF 565.1 KB)

主な技術シーズTOPへ