公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

産学官連携

主な技術シーズ 経済・経営

地域の産業集積の活性化についての研究

2016年11月10日

キーワード 制度と文化、まちづくり、地場産業
研究概要 日本の経済発展を支えてきた地域の産業集積が急速に力を失いつつあります。このことはこれからの地域経済ひいては日本経済にとってきわめて憂慮すべき課題であり、その解決が喫緊の問題となっています。本研究では、地域の産業集積を事業システムとしてとらえ、経営学、とくに地域の企業家のリーダーシップという観点から、その活性化のための理論的、実践的な示唆を得ようとするものです。
特徴と強み 地域の活性化のために、誰が、なにをすべきかについて、具体的な能力や行動のレベルで有意義な提言ができればと考えています。

すでにいくつかの地域で調査をおこなっています。より多くの地域を対象とする調査を進めることで、それぞれの地域にあった処方箋を提示できればと考えています。
所属 経済学研究科 経営学専攻
補職 教授
氏名 出口 将人

名古屋市立大学大学院経済学研究科 経済学部(出口 将人教授)

地域の産業集積の活性化についての研究(PDF 499.7 KB)

主な技術シーズTOPへ