公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

産学官連携

主な技術シーズ 経済・経営

リスク鋭感的価値尺度によるプロジェクト事業投資の価値評価

2016年9月28日

キーワード リスク、確率力学系、金融工学、計量ファイナンス
研究概要 プロジェクト事業の価値評価や投資判断においては、標準的にはNPV(正味現在価値)法が用いられています。本研究は、投資に伴う不確実性リスクを考慮したNPV価値や投資判断を行う指標として"リスク鋭感的価値尺度"とその簡約化から得られる統計モデルを用いることを提案し、火力や太陽光発電設備投資、香港REIT投資への応用を通じて、新手法がリスク回避的投資家にとって有益な情報を提供することを確認するものです。今後はさらに様々な投資問題への展開を考えています。
特徴と強み 本研究では、いわゆる標準的なNPV法では必ずしも十分捉えきれない不確実性リスク、特に下方リスクの影響を考慮した、リスク回避的な投資家にとって適切な事業価値評価法の定式化を目指しています。
今後は、リスク鋭感的価値尺度の特性を生かした様々な投資価値評価とその有効性を実証していきたいと思っております。
所属 経済学研究科 経営学専攻
補職 教授
氏名 三澤 哲也

名古屋市立大学大学院経済学研究科 三澤哲也研究室

リスク鋭感的価値尺度によるプロジェクト 事業投資の価値評価(PDF 726.9 KB)

主な技術シーズTOPへ