公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

産学官連携

主な研究シーズ 経済・経営

退職年金情報の分析

2016年9月28日

キーワード 企業年金、会計情報、病院会計
研究概要 わが国社会は急速に高齢化しており、それに伴い多くの問題が生じています。対応した制度改革が実施されており、退職後の所得に関しては、2000年以降、確定給付企業年金や確定拠出年金等、多くの制度改正が行われています。これを受けて各企業では関連する制度変更(新設・移行・廃止等)を行っており、その決定要因について分析しています。当該要因を分析することによって、企業の意図や制度上の問題点を解明しています。
特徴と強み 現在は、証券市場・企業経営に関するデータを使った実証分析を中心に研究をしています。
今後の展望は、以下の2点です、
・確定拠出年金制度の導入に関する長期間分析
・中小企業における退職金制度の分析
所属 経済学研究科 経営学専攻
補職 教授
氏名 吉田 和生

名古屋市立大学大学院経済学研究科 吉田和生研究室

退職年金情報の分析(PDF 566.7 KB)

主な研究シーズTOPへ