公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

産学官連携

主な研究シーズ 経済・経営

病院の効率性・生産性の計測

2016年9月23日

キーワード 効率性・生産性、規制産業
研究概要 確率的フロンティア法やデータ包絡分析法を用いて、公立病院や医療生協病院の効率性や生産性の計測を行っています。効率性は右の図のように測られるものです。また、効率性がどのような要因により上がったり、下がったりするのかについても分析をしています。たとえば、公立病院を運営する地方自治体からの補助金は効率性を下げること、医療生協による医療介護連携は効率性を上げることなどを示しています。
特徴と強み 病院や水道事業などの規制された産業の効率性や生産性について主に研究しています。効率性の計測における欠点をどう克服していくかが課題です。
今後の展望は、現在、公立病院の改革が進められています。そのような改革について、効率性という観点から評価することを考えています。
所属 経済学研究科 経済学専攻
補職 教授
氏名 中山 徳良

名古屋市立大学大学院経済学研究科・経済学部

病院の効率性・生産性の計測(PDF 586.4 KB)

主な研究シーズTOPへ