公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

産学官連携イベント情報

産学官連携イベント開催報告

「名工大テクノフェア2015」に連携機関として参画しました

2015年11月12日

公式ウェブサイト 名工大テクノフェア2015
出展内容
  1. シーズ講演
    薬学研究科 細胞情報学分野 井上靖道 准教授
    発表題目:「がんのドライバー遺伝子異常を狙った新規分子標的薬の開発」

    薬学研究科 コロイド・高分子物性学分野 豊玉彰子 講師
    発表題目:「コロイド結晶の構造制御と新規波長選択光学材料の創製」
  2. ポスター展示
    1. 薬学研究科 コロイド・高分子物性学分野 山中淳平 教授
    展示内容:「医薬支援ナノ工学部門」

    2. 薬学研究科 薬物送達学分野 田上辰秋 講師
    展示内容:「薬物送達・動態化学部門」

    3. 薬学研究科 細胞情報学分野 林秀敏 教授
    展示内容:「機能医薬創成学部門」

    4. 薬学研究科 精密有機反応学分野 樋口恒彦 教授
    展示内容:「C-H結合活性化を利用する独創的リード化合物高度化」

    5. 薬学研究科 レギュラトリーサイエンス分野 頭金正博 教授
    展示内容「医療ビッグデータを用いた医薬品適正使用への挑戦状」

2015年10月30日(金)、名古屋工業大学 鶴舞キャンパス(名古屋市昭和区)にて開催された「名工大テクノフェア2015」に連携機関として参画しました。
※本学は、名古屋工業大学との間で、2007年12月に「連携・協力の推進に関する基本協定」を締結し、また2013年4月に「共同大学院(薬学研究科)」を設置しています。

今回の催事では、国の各省庁の枠を超え、医療分野における基礎から実用化までの全般的な研究開発や環境整備に取り組むことを使命として新たに発足した「日本医療研究開発機構(通称:AMED)」のほか、新エネルギー・産業技術総合開発機構(通称:NEDO)による基調講演等を実施したこともあり、大学のみならず産業界の関心も高く、多くの方々にご来場いただきました。

本学薬学研究科からは、井上靖道准教授と豊玉彰子講師が最新の研究成果について発表を行ったほか、共同大学院を中心とした研究室紹介のポスター展示を行い、産学連携に向けた良い機会となりました。

また、医学研究科からは、教員、放射線技師、及び研究支援を行うリサーチ・アドミニストレーター(URA)の計11名が参加し、名古屋工業大学の教員と直接対話する「共同セッション」を初開催しました。名古屋工業大学の各研究室を回る「ラボツアー」や、名古屋工業大学教員との「研究に関する対話の場」をつくり、このような機会を通じて、両大学による医工連携の一層の推進や研究力向上を目指していきます。

  • シーズ講演の様子(井上准教授)

    シーズ講演の様子(井上准教授)

  • シーズ講演の様子(豊玉講師)

    シーズ講演の様子(豊玉講師)

  • 本学ブースの様子

    本学ブースの様子

  • ラボツアーの様子

    ラボツアーの様子

  • 研究に関する対話の場の様子1

    研究に関する対話の場の様子1

  • 研究に関する対話の場の様子2

    研究に関する対話の場の様子2

   一覧へ