公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

産学官連携イベント情報

産学官連携イベント開催報告

「名工大テクノフェア2014」にて連携展示を行いました

2014年12月25日

出展内容
  1. シーズ発表講演
    薬学研究科 薬物送達学分野 田上辰秋 講師
    発表内容:「ナノ医薬品開発に向けたワンステップナノコンポジット粒子合成技術」
  2. ポスター展示
    1 薬学研究科 医薬品代謝解析学分野 林秀敏 教授
    展示内容:「機能医薬創成学部門」

    2 薬学研究科 薬物送達学分野 尾関哲也 教授/田上辰秋 講師
    展示内容:「薬物送達・動態科学部門:新しい機能性Drug Delivery Systemの創製」

    3 薬学研究科 コロイド・高分子物性学分野 山中淳平 教授
    展示内容:「医薬支援ナノ工学部門」

    4 薬学研究科 精密有機反応学分野 樋口恒彦 教授
    展示内容:「C-H結合活性化を活用する独創性リード化合物高度化」

    5 薬学研究科 医薬品安全性評価学分野 頭金正博 教授
    展示内容:「医薬品開発迅速化プロジェクト」

    6 薬学研究科 衛生化学分野 瀧井猛将 准教授
    展示内容:「タバコの煙からの新たな免疫医薬品のシーズの探索」

2014年10月31 日(金) 名古屋工業大学 鶴舞キャンパス(名古屋市昭和区)にて開催された「名工大テクノフェア2014」に出展しました。

「名工大テクノフェア」は、名古屋工業大学との連携の一環として、例年取り組んでいる催事です。
※本学は、名古屋工業大学との間で、2007年12月に「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結し、また2013年4月に「共同大学院(薬学研究科)」を設置しています。

今回の催事では、産学連携の主旨を強めることを意図し、産学連携対談や研究生による体験型の発表を実施したこともあり、産業界をはじめ多くの方々にご来場いただきました。

本学からは、田上辰秋講師(薬学研究科)によるシーズ発表と、薬学研究科の研究室の展示を中心に行い、産学連携に向けた良い機会となりました。

  • シーズ発表講演の様子(田上講師)

    シーズ発表講演の様子(田上講師)

  • 会場の様子(本学ブース前)

    会場の様子(本学ブース前)

  • 会場の様子(ポスター展示会場)

    会場の様子(ポスター展示会場)

   一覧へ