公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント等開催報告

都市政策研究センター開設記念シンポジウム「大都市の抱える問題を考える」を開催しました。

イベント開催報告

2019年3月19日

  • 日時:平成30年7月19日(木曜日) 午後1時~4時
  • 場所:桜山(川澄)キャンパス さくら講堂
  • 受講者数:500名

本学では5月に、新たに都市政策研究センターを設立しました。これを記念して、7月19日(木曜日)、東海地域が抱える問題について、多角的な視点から議論し、今後のあり方を考える目的で、「大都市が抱える問題を考える」と題したシンポジウムを開催いたしました。
当日は、三宅勝センター長からセンターの設立主旨について説明があった後、基調講演として、JR東海の柘植康英会長が、2027年に開業するリニア中央新幹線が地域にもたらす効果や展望について語られました。続いて、経済界、行政、大学から集まった有識者によるパネルディスカッションが行われ、それぞれの立場を超えて、活発な意見交換が交わされました。
会場となった桜山キャンパスさくら講堂は、補助席の用意が必要となるほど、行政や経済界に携わる方々や学生、市民など大勢の参加者で埋め尽くされ、シンポジウムは大盛況の内に幕を閉じました。

  • JR東海 柘植康英会長

    JR東海 柘植康英会長

  • パネルディスカッションの様子

    パネルディスカッションの様子

イベント等開催報告TOPへ