公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント等開催報告

最新医学講座 オープンカレッジ(第2期) 「新薬の開発~領域別の新薬トピックス・臨床開発最前線~」を開催しました。

イベント開催報告

2018年11月15日

  • 日時:平成30年9月7日~10月26日 各金曜日 全8回 午後6時30分~8時
  • コーディネーター:名古屋市立大学病院 臨床研究開発支援センター センター長 神谷 武
  • 場所:桜山(川澄)キャンパス 医学研究科・医学部研究棟11階 講義室A

名古屋市立大学病院 臨床研究開発支援センター 神谷 武 センター長コーディネートのもと、「新薬の開発 ~領域別の新薬トピックス・臨床開発最前線~」と題して全8回の講義を行いました。多くの市民の皆様に受講いただき、質問時間では活発な質疑応答が行われました。

開講科目

1.新薬・新規治療法開発の実際と臨床研究
名古屋市立大学病院 臨床研究開発支援センター センター長 神谷 武

2.治験って何?
名古屋市立大学病院 臨床研究開発支援センター 臨床研究コーディネーター 鈴木 美世子

3.創薬研究の魅力と難しさ―肥満症治療薬探索の経験から―
医学研究科 消化器・代謝内科学分野 准教授 田中智洋

4.我が国における医療機器開発の現状と課題
名古屋市立大学病院 臨床研究開発支援センター 副センター長 福田英克

5.近年の感染症治療薬の動向と新規開発薬
名古屋市立大学病院 病院教授/感染制御室 室長 中村 敦

6.がん薬物療法の進歩と最近の話題
名古屋市立大学病院 化学療法部 部長 小松弘和

7.アルツハイマー病の研究・創薬の歴史とこれから
医学研究科 神経内科学分野 助教 水野将行

8.消化器領域における新薬開発トピックス
名古屋市立大学病院 臨床研究開発支援センター センター長 神谷 武

イベント等開催報告TOPへ