公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント等開催報告

名古屋市立大学大学院芸術工学研究科環境デザイン研究所2016「アートで医療が変わる」を開催しました。

イベント開催報告

2017年3月23日

日時:平成29年3月11日(土)13時30分~17時
場所:桜山(川澄)キャンパス 医学研究科・医学部研究棟 11階 講義室A

3月11日(土)、講演会「アートで医療が変わる」を開催しました。主催は芸術工学研究科環境デザイン研究所。建築設計、デザイン分野を中心に約100名弱の方が集まりました。演題と講師は「英国における医療とアート」鈴木賢一(名古屋市立大学大学院芸術工学研究科教授)、「新生児治療室の明かりと光」田中太平(名古屋第二赤十字病院新生児部長)、「名市大病院外来アトリウムのアート」藤井尚子(名古屋市立大学大学院芸術工学研究科准教授)、「病院運営とアート」奥村伸二(耳原総合病院病院長)。医師による治療空間の照明デザイン実現のプロセスや、病院長による病院運営におけるアートの役割などが関心を集めました。また、アートが患者のストレス軽減に寄与し、スタッフ同士の意思疎通を高める効果があることなど意見交換を行いました。講演後には、市大病院アトリウムに展示された藤井准教授のテキスタイルを使ったアートの現地見学も行いました。

  • 講演会の様子

    講演会の様子

  • 意見交換の様子

    意見交換の様子

  • アトリウムのアート見学

    アトリウムのアート見学

イベント等開催報告TOPへ