公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント等開催報告

最新医学講座 オープンカレッジ(第3期)「あなたならどうしますか?:がんと診断された時のために-最先端の研究・治療から心のケアまで」を開催しました。

イベント開催報告

2017年3月16日

日時:平成28年11月11日~平成29年1月13日 各金曜日 全8回 18時30分~20時
コーディネーター:医学研究科 遺伝子制御学分野 教授 近藤 豊
場所:桜山(川澄)キャンパス 医学研究科・医学部研究棟11階 講義室A

遺伝子制御学分野 近藤 豊教授のコーディネートのもと、科目名を「あなたならどうしますか?:がんと診断された時のために-最先端の研究・治療から心のケアまで」と題して全8回の講義を行いました。大変多くの市民の皆様に受講いただき、質問時間では活発な質疑応答が行われました。アンケートでは「医療の日進月歩のすばらしさと研究されておられる方々の努力に感謝。」「実際のビデオをいくつかみせていただきよくわかった。患者さんの負担がどんどん減っていっているという印象だ。」「とても興味深いお話だった。また機会があると嬉しく思う。」などの意見をいただきました。

1.がん研究の最先端-新しいがん治療に向けた医学研究-
名古屋市立大学大学院医学研究科 遺伝子制御学分野 教授 近藤 豊

2.iPS細胞を用いたがん研究の最先端-日本発iPS細胞をどのように活かすか-
京都大学iPS細胞研究所 幹細胞腫瘍学 教授 山田 泰広

3.がん疫学最前線-がんの予防を考える-
名古屋市立大学大学院医学研究科 公衆衛生学分野 教授 鈴木 貞夫

4.がんの内視鏡医療最先端-内視鏡でがんを治す-
名古屋市立大学大学院医学研究科 内視鏡医療センター センター長・准教授 片岡 洋望

5.がん放射線治療の最先端-最新の放射線療法とは-
名古屋市立大学病院 放射線科 中央放射線部 副部長 柳 剛

6.最先端のがん薬物療法-薬でがんを治す-
名古屋市立大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学分野 教授 飯田 真介

7.乳がん治療の最先端-女性に最も多い乳がんの治療とは-
愛知県がんセンター中央病院 副院長 兼 乳腺科部部長 岩田 広治

8.がん緩和医療の最先端-より質の高い緩和ケアとは-
しんじょう医院 院長 新城 拓也

  • オープンカレッジ(第3期)の様子

    オープンカレッジ(第3期)の様子

  • オープンカレッジ(第3期)の様子

    オープンカレッジ(第3期)の様子

イベント等開催報告TOPへ