公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント等開催報告

連続公開講義「健康をささえる社会のしくみを考えよう」を開催しました。

イベント開催報告

2017年3月16日

開催日:平成28年12月18日(日)、22日(木)、23日(金)
場所:看護学部及びJICA中部国際センター

看護学部では、タイ公衆衛生省(保健省)の研究機関である国際保健政策計画より3名の研究者を平成28年12月17日~24日に招へいし「健康をささえる社会のしくみを考えよう」と題した以下の連続公開講義はじめ様々な企画を開催しました。
12月18日「タイにおけるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の歩みに学ぶ」
12月22日「保健人材の国際移動 − 日本への影響および責任」
12月23日「ワークショップ:何が健康をささえているんだろう?」
なお、18日と23日は、JICA中部国際センターと公益財団法人アジア保健研修所との共催で、JICA中部国際センターにて行われました。

国連やWHOが重要課題として取り上げる世界的に関心の高いトピックのためか、10代から70代まで、学生、研究者、保健医療従事者、行政関係者など幅広いバックグラウンドの方々が、県内のみならず関西や関東地方から参加(のべ168名)し、いずれも非常に活発な質疑応答が行われました。

「健康をささえる社会のしくみを考えよう」ウェブページ

「健康をささえる社会のしくみを考えよう」facebookページ

  • 12月18日公開講義(於JICA中部国際センター)

    12月18日公開講義(於JICA中部国際センター)

  • 12月18日公開講義(於JICA中部国際センター)

    12月18日公開講義(於JICA中部国際センター)

  • 12月22日公開講義後の講師と参加者(於名古屋市立大学看護学部)

    12月22日公開講義後の講師と参加者(於名古屋市立大学看護学部)

  • 12月23日ワークショップ(於JICA中部国際センター)

    12月23日ワークショップ(於JICA中部国際センター)

イベント等開催報告TOPへ