公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント等開催報告

講演会「近代ヨーロッパにおける偽善と偽悪の問題~ルソーからアール・ヌーヴォーまで~」を開催しました。

イベント開催報告

2016年5月11日

日時:平成28年1月30日(土)16時~18時
講師:鷲見洋一氏 慶応義塾大学 名誉教授
場所:名古屋市立大学滝子キャンパス 1号館1階会議室

フランス大革命までのヨーロッパ古典文化は「偽善」の文化であり、自分を美しく立派に見せかけることが至上の義務でしたが、ルソーから革命を経て19世紀に入ると、産業革命後のブルジョワ化した社会への反発や反抗から、自分を実際以上に悪人に見せかけて、実際にもそう振る舞う傾向が増大しました。その「偽悪者」の系譜を、ボードレールから世紀末の「アール・ヌーヴォー」にまで辿る非常に刺激的な講演でした。文学テクスト、絵画、映像、音楽と種々のマルチメディアを駆使して、18世紀の偽善から19世紀への偽悪への変化が見事にえぐり出されていく内容でした。参加者は40人前後でしたが、みなさん人文学の多様な可能性に眼が開かれた2時間でした。

イベント等開催報告TOPへ