公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント等開催報告

第1回 名古屋市立大学病院 サクラ咲くプランレクチャープログラムを開催

イベント開催報告

2015年5月 7日

平成27年4月11日(土)16時30分~17時30分に、第1回 サクラ咲くプランレクチャープログラムを開催しました。
名古屋市立大学病院は、将来のビジョンを掲げた「サクラ咲くプラン」を策定しています。その「サクラ咲くプラン」に、「研究する病院へ」という目標を設定し、そのスタートとして、世界トップレベルの研究者から直接レクチャーを受ける本プログラムを開催しました。
特に若手医師・薬剤師、学生を中心に、自身の中にある"リサーチマインド"への気付きを促し、研究を推進し、医療の発展に貢献できる人材育成に寄与することを目指しています。
第1回は、大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 実験免疫学 教授 坂口志文氏に、「制御性T細胞による免疫応答制御:臨床応用に向けて」と題し、ご講演いただきました。学内外から約200名のご参加をいただき、参加の学生の方からは「とても刺激的な内容で、先進的な研究の面白さを改めて感じた」という声がありました。
第2回目の開催も計画していますので、若手研究者の皆さんは是非ご参加ください。

  • 講師:坂口志文氏(大阪大学 教授)

    講師:坂口志文氏(大阪大学 教授)

  • サクラ咲くプランレクチャープログラムの様子

    サクラ咲くプランレクチャープログラムの様子

イベント等開催報告TOPへ