公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント等開催報告

「はじめよう!つづけよう!スポーティブ・ライフin瑞穂」イベントにシステム自然科学研究科教員がブース出展しました

イベント開催報告

2014年12月 4日

平成26年11月24日(月・祝)に、瑞穂運動場陸上競技場前広場で催された「はじめよう!つづけよう!スポーティブ・ライフin瑞穂」イベントに、システム自然科学研究科の藤田教授(専門:物性化学)、奥津講師(専門:運動分子生物学)がブース出展しました。
奥津講師は分子レベルでの運動に関する研究を専門としており、今回はその一環で、運動により関心を持ってもらうため、スピードガンを使って、サッカーボールのキック速度を測定しました。また同じくシステム自然科学研究科の髙石教授(専門:運動生理学等)が研究で使用している自転車エルゴメーター及び計測法を用いて、脚力を測定するなど、一般ではなかなかできない運動能力の測定を行いました。
いずれの測定も、参加者がより高い記録を目指して、友達や親子で競い合ったりするなど、会場は多いに盛り上がりました。また自転車エルゴメーターのように大学の研究で実際に使用している機器については、参加者から質問が出るなど、本学で行われている研究の一端に触れていただく、良い機会ともなりました。

  • キックスピード測定の様子

    キックスピード測定の様子

  • キックスピード測定の様子

    キックスピード測定の様子

  • 自転車エルゴメーターによる脚力測定の様子

    自転車エルゴメーターによる脚力測定の様子

  • 自転車エルゴメーターによる脚力測定の様子

    自転車エルゴメーターによる脚力測定の様子

イベント等開催報告TOPへ