公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

ひらめき☆ときめきサイエンス

28年度実績

2016年9月29日

平成28年度
ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI
(研究成果の社会還元・普及事業)
実 施 報 告

プログラム名 「病気から体をまもる研究を丸ごと体験してみよう!!」

受講者と本学スタッフの集合写真

開催日

平成28年8月23日(火)

実施機関
(実施場所)

名古屋市立大学
(桜山キャンパス)

実施代表者
(所属・職名)

酒々井 眞澄
(医学研究科・教授)

受講生

高校生 25名
実施内容

生徒は実際の講義の雰囲気を感じながら大教室で「KAKENHI」の説明とミニ講義「くすりの作り方」を聴講しました。どのように研究は進められるのかを聞くことで生徒はこれから取り組む実験への意欲と興味が湧いてきたようです。それでは研究室3か所に分かれて実験開始です。実験は教員が獲得した科研費により実際に行われている研究を題材にしており、仮説→実験→データ処理→結論→成果発表の一連の研究過程をじっくり体験してもらうことで研究の醍醐味や生徒の積極的な参加を引き出すようにしてあります。午前中の実験をいったん終了して昼食会場に移動、テーブルで生徒と指導スタッフが隣り合わせにすわりたくさん話ができました。生徒が退屈しないように大学院生によるランチョンセミナー(自らの研究生活についての話)もあります。昼食後は実験室にもどって実験再開、データ解析とパワポでの発表準備に大忙し。後半は、昼食と同じ会場で研究室ごとに成果発表です。司会の教員は生徒が話しやすいように気を配り、生徒の取り組みに対してサポーティブに質疑応答が進められました。

当日のスケジュール、実施の様子

9時00分~9時20分 受付
9時20分~9時40分 開講式
・浅井医学研究科長挨拶
・オリエンテーション
・科研費の説明
9時40分~10時00分 ミニ講義「くすりの作り方」(酒々井教授)

酒々井先生の講義の様子1 講義を聴く受講者の様子2

10時00分~11時30分 各研究室に分かれて実験

実験の様子1 実験の様子2 実験の様子3

11時30分~12時30分 ランチョンセミナーを聞きながら昼食と歓談

ランチョンセミナーの様子1 ランチョンセミナーの様子2

12時30分~15時00分 各研究室に分かれて実験再開・データ処理・発表準備

発表準備の様子1 発表準備の様子2 発表準備の様子3

15時00分~15時45分 実験結果発表と総合討論

実施結果発表の様子1 実施結果発表の様子2

15時45分~16時15分 修了式(浅井医学研究科長より郡健二郎学長名で未来博士号の授与)

修了式での未来博士号授与の様子

16時15分 アンケート記入、参加者全員で記念撮影、解散

まとめ

これまでの経験もありプログラムはスムーズに進行し無事に終了することができました。科学技術がどのように社会に役立っているか、科学技術を使って研究者は何を解明したのかを生徒と一緒に考え、体験することができました。このような体験型学習のプログラムを充実させることにより、科学に興味を持ってもらい、考える力を伸ばしてあげられるのではないかと思います。それが科学の発展につながるのであろうと思います。参加者と関係者の皆様、ご協力どうもありがとうございました。

ひらめき☆ときめきサイエンスバナー画像

一覧へ

お問い合わせ先

住所
〒467-8601名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
名古屋市立大学学術課 ひらめき担当
TEL
(052)853-8308
FAX
(052)841-0261
E-mail
kokaikoza[at]sec.nagoya-cu.ac.jp
※スパムメール防止のため@を[at]にしています。
送信の際は[at]を@(半角)に置換して下さい。