公立大学法人名古屋市立大学

文字サイズ

English

社会貢献

イベント・公開講座

【開催日7月21日】看護実践研究センター事業 第6回地域連携セミナー

その他の公開講座等

2018年3月12日

主催 看護学部
内容
相談しづらい尿のトラブル -頻尿・尿もれ、自分だけ?-

看護学部・臨床生理学 教授 窪田 泰江

男性・女性を問わず、頻尿、尿もれ、残尿感、排尿時の違和感などの尿のトラブルは、QOL(生活の質)を下げる原因となるだけではなく、体に異常が起きている危険信号かもしれません。排尿は毎日何回か行う行為ですので、これがうまくいかないと不快感が大きく、意欲の低下につながることも多くなります。排尿の悩みは人には話しにくいものですが、中高年では、加齢とともにこの悩みを持つ人が増えています。

本講演では、排尿トラブルに対する骨盤底筋体操など自宅でできるトレー二ング法を体験していただきます。また、様々な治療法や身近に利用できる機関を紹介します。

日ごろからできる対策についても知っておくことで今より暮らしやすくなるはずです。患者本人だけでなく、介護者の負担も増やしてしまう尿のトラブルについて、泌尿器科医師がわかりやすく解説します。関心のある市民の皆様、保健医療福祉職種の皆様の参加をお待ちしています。

日時 平成30年7月21日(土曜日) 午後1時~3時(受付:午後0時30分~)
開催場所 桜山(川澄)キャンパス 看護学部棟3階 308講義室
対象 一般及び保健医療福祉関係者
定員 100名(先着順)
受講料 500円(資料代)
応募方法

インターネット(名古屋市電子申請サービス)またはFAXのいずれかの方法でお申し込みください。

名古屋市電子申請サービス(申込ページ)

応募期間

平成30年4月中旬~7月11日(水曜日)

備考

※詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。

看護実践研究センターウェブサイト

備考2

名古屋市電子申請サービスを初めて利用される方は、以下のページから利用方法をご確認ください。

名古屋市電子申請サービス(トップページ)

申込・問合せ お問合わせは、できるだけメールまたはFAXでお願いします。
看護学部 看護実践研究センター
〒467-8601名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
TEL・FAX:052-853-8042
E-mail:n.center[at]med.nagoya-cu.ac.jp
(スパム対策のため、@マークが[at]になっていますから、@(半角)に書き換えてください。)
イベント・公開講座TOPへ