名古屋市立大学 大学院薬学研究科・薬学部

加齢病態制御学

スタッフ

  • 飯島 浩一
    飯島 浩一
    [客員准教授]
  • 木村 展之
    木村 展之
    [客員准教授]

教育・研究

  • アルツハイマー病型神経細胞死の分子メカニズムの解明
  • アルツハイマー病発症リスクに関わる遺伝子ネットワークの同定
  • 新規アルツハイマー病治療薬の開発
  • 加齢に伴うエンドサートーシス障害
  • 加齢に伴う軸索輸送障害

研究概要

1) アルツハイマー病研究部 発症機序解析研究室(担当:飯島 浩一)

アルツハイマー病は、脳の広範な領域で神経細胞死がおこる進行性の神経変性疾患です。 アミロイドベータ(Aβ)と呼ばれるタンパク質の脳内での蓄積が原因と考えられていますが、症状の進行を止めるためには、脳内のAβ量を減少させることに加え、進行中の神経細胞死を抑止する必要があります。しかし現在までのところ、そのような治療法は存在しません。 脳内にAβが大量に蓄積しているにも関わらず、アルツハイマー病を発症しない人々も存在します。この事実は、Aβ蓄積に伴う神経毒性への脆弱性の違いが発症リスクに関わっている可能性を示唆しています。アルツハイマー病研究部・飯島研究室では、国内・国際共同研究により、アルツハイマー病患者脳から得た大量の情報と病態モデル動物を駆使して、アルツハイマー病型神経細胞死への脆弱性に関わる遺伝子ネットワークを同定し、症状の進行を抑止する新規創薬開発を目指し精力的に研究を進めています。

統合生物学的手法によるアルツハイマー病発症リスクに関わる 遺伝子ネットワークの同定と新規アルツハイマー病治療薬の開発
統合生物学的手法によるアルツハイマー病発症リスクに関わる
遺伝子ネットワークの同定と新規アルツハイマー病治療薬の開発

2) アルツハイマー病研究部 病因遺伝子研究室 (担当:木村 展之)

アルツハイマー病の最大リスク因子は老化ですが、どのようにして老化がアルツハイマー病の発症を引き起こすのかについては、ほとんど明らかになっていません。 一方、アルツハイマー病はヒト特異的な神経変性疾患の1つですが、老人斑や神経原線維変化といったアルツハイマー病の主病変は、ヒト以外の動物の脳内でも老化とともに形成されます。 中でも、サルはヒトに近縁な霊長類であり、寿命が数十年に及ぶ種類も存在することから、脳の老化を研究する上では、非常に優れたモデル動物であると考えられます。 私たちの研究室では、カニクイザルという高等霊長類の脳組織を用いて基礎老化研究を行っており、そこで得られた事実を基にして新たな仮説を組み立て、培養細胞やマウス等の汎用実験動物を用いた検証実験を行うことで、老化に伴うアルツハイマー病の発症メカニズム解明を目指しています。

アルツハイマー病発症リスクの研究
認知症の代表格であるアルツハイマー病(AD)は孤発性ADと特定遺伝子の変異に起因する家族性ADの2つに大別され、様々な発症リスク因子の存在が知られていますが、最大かつ共通の発症リスク因子は"老化"です。

連絡先

〒474-8511
愛知県大府市森岡町7-430
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター

認知症先進医療開発センター アルツハイマー病研究部 発症機序解析研究室 飯島 浩一

メールアドレス
TEL:0562-46-2311 内線: 7505 (PHS), 6403 (オフィス), 6408 (研究室)
FAX:0562-46-8569


認知症先進医療開発センター アルツハイマー病研究部
病因遺伝子研究室 木村 展之

TEL:0562-44-5651 内線: 6404または6406 (研究室)
FAX:0562-46-8463 E-mail: kimura(at)ncgg.go.jp

薬学研究科広報委員会