名古屋市立大学 大学院薬学研究科・薬学部

薬学研究科の概要・構成

薬学部は、高度な先端的知識・技能を習得し、独創的先端研究に従事する人材、臨床での問題を独自に発見し、解決する高い研究能力をもつ自己開発型の人材、および教育研究における指導者の育成を目標としています。また、地域医療を担う指導的薬剤師、国内外の医薬品開発や保健・衛生行政の分野で社会に貢献する人材の育成を目標としています。
薬学研究科では、平成18年度の薬学部薬学科(6年制)・生命薬科学科(4年制)の設置に連動して、平成22年度に4年制学科に対応した博士前期課程(2年制)の改組を行い、1専攻(創薬生命科学専攻)としました。さらに、平成24年度に博士後期課程(3年制)の改組と6年制学科に対応した4年制の博士課程(医療機能薬学専攻)を設置しました。また、平成25年度からは、名古屋工業大学との共同大学院である共同ナノメディシン科学専攻を設置し、薬工融合型の研究と人材育成を行っています。博士前期課程では、研究課題への取り組み方の指導を行い主に問題解決能力の獲得を、さらに博士後期課程では最前線の研究成果を挙げ学術論文として発表し、その過程で問題解決能力のみならず課題設定能力をも獲得することを目的としています。一方、6年制の薬学科に対応した博士課程では、医療薬学および医薬品の臨床開発について先端的知識・技術習得に裏付けられた高度な臨床研究能力の獲得を目的としています。本薬学研究科の修了生は主として製薬企業に研究職・開発職として就職し、我が国の医薬品産業界の発展に寄与してきました。さらに公的研究機関や大学の研究者としても活躍しています。また、新たに設置された4年制の博士課程の修了生も、医療現場を熟知した高い研究能力をもつ人材として様々な場での活躍が期待されています。
薬学研究科における教育・研究の一層の充実と多様化を図ることを目的として、これまでに、愛知県がんセンター、国立長寿医療センター、国立医薬品食品衛生研究所、岡崎統合バイオサイエンスセンターとの連携協定に基づき、それぞれ、腫瘍制御学分野、加齢病態制御学分野、医薬品質保証学分野、環境・発生生物学分野を開設してきましたが、平成25年度には、医薬品医療機器総合機構(PMDA)と連携協定を締結し、医薬品医療機器審査科学分野を新たに設置しました。

→薬学研究科・薬学部のパンフレットは、こちらのページから、どうぞ。

創薬生命科学専攻

多様化した疾病の治療に対応できる最新の医薬品研究開発の知識と技術、ならびに生命科学の急速な進歩に呼応した生体分子機能解析の最先端の知識と技術を習得します。関連学問分野を有機的につなぎ、最新の生命科学や創薬科学の知識と技術を習熟し、医薬品開発研究と生命科学の推進・展開についての教育・研究を行います。

創薬生命科学専攻

医療機能薬学専攻

医療現場での医薬品を含む診断・治療の高度化ならびに複雑化に十分対応し、医薬品の適正使用、薬害の未然予防、薬学的見地からの患者への的確な配慮、治験薬管理における高度の専門知識と技能の基盤となる基礎研究と臨床研究を行い、医療機能薬学の基礎及び臨床における医療薬学の実践、薬剤師活動の推進・展開について教育・研究を行います

医療機能薬学専攻

共同ナノメディシン科学専攻

名古屋市立大学薬学研究科と名古屋工業大学が共同で設置する大学院です。薬学の強みである先進創薬と薬物送達・動態科学、工学の強みであるナノテクノロジーとナノバイオロジーそしてプロセス工学とを併せ持った、薬・工両方に精通した薬工融合型の人材育成と研究を行います。

共同ナノメディシン科学専攻パンフレット

教員一覧

研究室・教員一覧