名古屋市立大学 大学院薬学研究科・薬学部

研究科長あいさつ

ごあいさつ 名古屋市立大学 大学院薬学研究科長・学部長 林 秀敏
名古屋市立大学 大学院薬学研究科長・学部長
林 秀敏

薬学部のページにようこそ。

薬学と言って、皆さんはどんなイメージをお持ちになりますか?病院や町の薬局で活躍している薬剤師さんでしょうか?皆さんが病気の時に助けてもらっているお薬やそれを研究・開発している製薬会社や大学の研究所を思い出すでしょうか?それとも厚生労働省や自治体で健康や福祉のことに従事しているお役人でしょうか?名古屋市立大学の薬学部はいずれのイメージをも実現することが可能な場所です。

以前は不治の病と言われた結核などの感染症の克服、戦後からのわが国の平均寿命の驚異的な延伸など、いずれも治療、診断、予防などの技術革新とともに、数々の画期的な医薬品の開発が多大な貢献をしています。薬の開発は古くは経験的に自然に求め、現代では、最新の知識や先端の技術を駆使し、今までにない新規の機序に基づき創製され、人々の疾病治療や健康維持のために使用されています。しかし、医薬品の多くは適正に使用されなければ、人に対してむしろ毒性を示すようになるものも少なくありません。正しい薬の情報に基づいて、適正に管理され、適正に使用されることが必要です。

本学の理念に基づき、薬学部では、6年制のコースである「薬学科」において、幅広い基礎知識と深い専門性を兼ね備え、人間性豊かな高度医療人として活躍する薬剤師の養成を、4年制のコースである「生命薬科学科」において、物質科学と生命科学の基礎知識と技能を有し、かつ薬学人としてのアイデンティティーを備えた創薬・生命科学分野の専門家の育成をそれぞれ目指しています。また、公立大学、そして東海地区で唯一、医学部・薬学部・看護学部、そして付属病院を有する大学の特徴を活かし、各学部との緊密な連携に基づく教育も実践し、基礎の場における創薬、臨床の場における薬物療法という薬学本来の2本の足で支えられた教育・研究活動を展開しています。

平成25年度に改築工事も終了し、素晴らしいキャンパスが完成しました。本学部の「創薬基盤科学研究所」も創薬の研究教育拠点として生まれ変わりました。

130年を超える歴史と伝統に支えられながらも、新しい理念のもと、多くの熱き若人たちが名古屋市立大学薬学部の門をたたき、生まれ変わった薬学部のキャンパスで大いにチャレンジしてくれることを期待しています。