名古屋市立大学 大学院薬学研究科・薬学部

アドミッションポリシー

名古屋市立大学薬学部

薬学は、様々な基礎科学を薬に関して総合し、医療への応用を目指す学問です。医療に不可欠な学問である薬学を志す人は、薬を通じて人類の健康と福祉の発展に貢献することが求められています。これを踏まえ、薬学部では生命薬科学科と薬学科を設置し、薬の創製・生産・臨床応用・適正管理・適正使用のための基礎能力と研究能力を幅広く身に付け、世界に羽ばたける多彩な薬のスペシャリストを社会に送り出すことを目指しています。本学部では次のような人を求め、入学を歓迎します。

求める学生像

本学部では次のような人を求め、入学を歓迎します。

学部共通

  1. 薬学への強い意欲と探究心を持った人
    科学としての薬学に強い学習意欲と探究心を有している人を求めます。
  2. 医療・薬学への使命感と倫理観を持った人
    薬のスペシャリストとして医療現場での薬剤師活動、医薬品の研究開発、行政などを通じて、人類の健康と福祉の発展に貢献するという使命感と倫理観を持てる人を求めます。
  3. 科学を中心とする幅広い学力を有する人
    薬学は自然科学の応用分野で、理科系の学力を重視します。しかし、薬剤師や薬学分野の研究者・技術者には、社会科学や人文社会学をも含む幅広い学問知識と教養が必要です。そのため、文科系科目に関しても基礎的な知識を有する人を求めます。
  4. 国際的な視野とコミュニケーション能力を持てる人
    医薬品研究開発や医療人としての活動において、国際的なレベルでの連携が不可欠な時代となっています。将来、国際的な視野で考え、コミュニケーションを円滑に取り、行動できる能力の獲得を目指し、そのための努力を継続できる人を求めます。
  5. 大学院への進学意欲を持つ人
    卒業後は大学院に進学して創薬・生命科学、臨床薬学の進歩に貢献しようとする強い意欲を持った人を求めます。

薬学科

  1. 医療人としての自覚を持てる人
    将来、薬剤師として患者さんを思いやり、医療に携わる様々な職種の人々と協調して、患者さんのための医療に貢献しようという意欲のある人を求めます。

生命薬科学科

  1. 生命科学としての薬学への向学心を有する人
    将来、基礎薬学研究や医薬品開発等を通じて、科学者として人類の健康と福祉の発展に貢献しようという情熱を有する人を求めます。

修得しておくべき知識等の内容・水準

【生命薬科学科】【薬学科】
薬学部では、両学科とも広範で多様な学問分野を総合的に学習する。また、どのような分野で活躍するにしても、語学力(国語,英語)が必要とされる。したがって、薬学部での学修を実り多いものとするために、入学までに、化学、物理学、生物学、数学、語学の基礎学力をつけておくことが必要である。さらに、部活やボランティアなど、様々な活動に積極的取り組むことで、表現力やコミュニケーション能力のほか、幅広い視野と高い倫理観、そして豊かな人間性を育むことが望ましい。

カリキュラム・ポリシー

学部共通

  1. 豊かな教養および人間性と国際性を育むため、幅広い教養教育を実施する。
  2. 学生が自らの将来を明確に意識して学ぶことができるよう、早期体験科目や学外施設見学の機会を提供する。
  3. 自然科学の基礎から薬学専門科目まで着実に身につけることができるよう、基礎薬学科目を薬学教育モデルコアカリキュラムに沿って配置する。
  4. 科学的思考に立脚した問題発見能力および問題解決能力を醸成させるために、卒業研究実習を実施する。

薬学科

  1. チーム医療に貢献できる薬剤師を養成するため、医学部、看護学部、付属病院と連携した教育を実施する。
  2. 薬剤師としての能力と態度を醸成できるように、医療薬学科目と実習科目を適切に配置する。

生命薬科学科

  1. 創薬研究者や医療科学の実践に関わる人材を養成するため、生命薬科学科目を提供する。
  2. 生命科学の進展や先端技術の高度化に対応できる能力を涵養するため、大学院教育との連携を意識した科目・実習を配置する。

ディプロマ・ポリシー

学士課程共通

各学部に所定の期間在学し、各学部の教育理念と教育目的に沿って設定された授業科目を履修して、各学部の履修規程により定められた科目及び単位数を修得することが学位授与の要件である。
修得すべき科目には、一般教養科目、外国語科目、情報科目、健康・スポーツ科目、ボランティア科目、基礎科目(人文社会学部以外)からなる教養教育科目と、各学部の方針に応じて編成された専門教育科目が含まれ、これらの科目を修得しているかどうかが学位授与の基準となる。さらに、一部学部においては、卒業論文又は卒業研究を必須とし、論文審査や口頭試問などにより厳格に審査を行うことで身に付けた学士力を確認している。

薬学部

学部共通
  1. 医療や科学の高度化に対応できる基礎学力と問題解決能力を有していること。
  2. 国際化する社会で活躍できる日本語力、英語力、プレゼンテーション能力を有していること。
薬学科
  1. 6年以上在学し、所定の教養教育単位と専門単位を合わせて186単位以上を取得すること。
  2. 薬剤師として必要な知識、技能を備えていること。
  3. 医療人としてふさわしい自覚、態度、倫理観を備えていること
生命薬科学科
  1. 4年以上在学し、所定の教養教育単位と専門単位を合わせて124単位以上を取得すること。
  2. 創薬科学および生命科学に関する総合的な知識と技術を有していること。
  3. 生命や健康を扱う社会人としての自覚、態度、倫理観を備えていること。

名古屋市立大学大学院薬学研究科

薬学研究科では、薬学領域の幅広い知識とそれに基づく深い専門性を修得し、革新的研究を目指し生命薬学、創薬科学、環境衛生薬学、医療薬学に携わる創造性豊な卓越した能力を有する研究者・技術者の養成を目指しています。また、広い視野と高い倫理観を持ち教育、行政及び医療現場等で活躍できる卓越した能力を有する人材の養成も目指しています。これらの多岐に亘る高度に専門的な人材を育成するために、研究科は次のような人を求め、入学を歓迎します。

  • 学修と研究に強い意欲を持ち、主体的な創造性と協調性に富んだ人を求めます。
  • 博士前期課程(創薬生命科学専攻)では、研究課題への取り組み方のうち、主に問題解決能力を獲得することをめざして、特に研究遂行に必要な物質科学・生命科学の基礎学力と語学力を有する人を求めます。
  • 博士後期課程(創薬生命科学専攻)では、最先端の研究成果を挙げて学術論文として発表する過程を通じて、問題解決能力に加えて課題設定能力を獲得することをめざして、関連する物質科学・生命科学の先端的な知識と研究遂行のための基礎的技術を有する人を求めます。
  • 博士課程(医療機能薬学専攻)では、指導的な薬剤師、教育・研究者として社会貢献できることをめざして、臨床研究ないし関連領域の研究の遂行のための医療薬学の基礎的な知識と技術を有する人を求めます。
  • 多様な人材の育成の観点から、異なる学問的背景(薬学以外の学部出身者)と研究遂行に必要な基礎学力を有し、新たに薬学研究を志す人を求めます。
  • 国際的な人材の育成の観点から、研究遂行に必要な物質科学・生命科学の基礎学力を有し、薬学研究を志す留学生を求めます。
  • 多様な人材の育成の観点から、研究遂行に必要な学力と経験を有し、博士後期課程・博士課程での薬学研究を志す社会人を求めます。